menu

離婚回避の方法〜思考法〜

蛍光灯が救う?離婚の危機を回避する部屋の明暗

離婚の危機を回避する部屋の明暗

離婚回避や、夫婦関係修復を考える時、人は、自分自身の行動や相手の行動、これまでの経緯や今後のことなど、改善する対象を人に向けてるのが一般的です。

しかし、何をやってもどうにもならないと思うのであれば、最後の手段として視点を変えてみるのはどうでしょうか。
ここに離婚回避に一役かってくれる蛍光灯、つまり部屋のあかりについての出来事を紹介しましょう。

今、まさに夫婦が離婚しようとしている、夫婦仲が悪化し、修復することが難しい状況にあると、悩んでいる方の参考になるのではと思います。
それは、あるビジネスマンが遭遇した職場での出来事です。

いつものように職場で仕事をしていると、一緒に作業をしていた同僚の顔がなんとなく険しく、いつも以上に不機嫌そうに見えるといった印象を受けたそうです。

「機嫌が悪いのか?」と何度も繰り返し聞いてみたが、「そんなことない」の返事ばかり。
そこうこうしているうちに、同僚は、本当に気分を害し、不機嫌ではなかったはずなのに、いつのまにか二人の間に険悪なムードが漂ったという出来事です。

なぜ同僚の顔が不機嫌に見えてしまったのか、なぜ最初は不機嫌ではなかった同僚が本当に機嫌をそこねてしまったのか、なぜ二人を包む空気が険悪になったのか、そこには一つの理由があります。

理由は光と色

実はそのとき、作業をしていた職場の電気が消耗し、いつも以上に薄暗い状態になっていたのです。
そのため同僚の顔に影をつくり、なんとなく不機嫌な印象を作り出していたのが、そもそもの原因なんです。

同僚は実際には、不機嫌ではないものの、何度も繰り返したずねる「機嫌が悪いのか?」と言う問いかけに加え、残業と言う疲労感が加わり、本気で気分を害してしまったというもの。

疲れている体に追い討ちをかけるような、同僚の勘違いや配慮のない言葉、というのは、何の問題もなかったはずの気持ちや二人を包む空気を一変させ険悪なムードを作り出してしまうのです。

つまりそれは夫婦間にも言えることではないだろうか。

エコ活動に力を入れすぎていませんか

最近では、エコが当たり前の時代になり、多くの家庭では、「こまめに電気を消す」という習慣が根付いています。
家計を支える主婦としては、当然のことで何一つ悪いことではありません。

ただ、タイミングが悪いと夫婦の関係を悪化させるきっかけにもなるのが「行き過ぎたエコ」なのです。
例えば、仕事から帰宅する夫や妻の時間が遅い場合、玄関の電気、キッチンの電気をつけて、待っていますか?

帰宅する家が暗く、外から帰る者を迎え入れる状況にない場合、当然ですが、嫌な気分になるでしょう。

逆に暗い室内で帰りを待っている側からすると、疲労困憊で帰宅してきた人間の顔が、暗くみえると、

「なぜ帰宅そうそう不機嫌なのか」と勘違いすることで、マイナスの気分を引き出すのです。
これこそが意外に思われる「離婚の危機」や「夫婦関係の悪化」と招いてしまう光による負の作用なのです。

無駄な電気を消すという行動は、確かにすばらしいことかもしれません。
しかし、外から帰宅する者を「温かく受け入れる」、「気分良く帰宅できる」という明るい環境を整えることは、夫婦円満の秘訣であり、離婚回避の手段なのです。

相手の顔が、不機嫌であると考える場合、もしかするとそれは、あなたが行ったエコが作り出している単なる勘違いなのかもしれないのです。
そんな勘違いで、「離婚」という危機を迎えてしまっては、本末転倒。

夫婦の危機を回避するために大切な部屋の明かり

現在、部屋のあかりを消しすぎていると感じている場合は、少し明るい環境にしてみてはどうでしょうか。
人は、明るい室内で、ただ生活しているだけで、自然と心が明るくなり、夫婦の会話も自然と和やかになるはずです。

現在夫婦関係がすでに悪化しているという場合は、寝室やリビングの明かりにオレンジ色を取り入れてみるといいでしょう。
オレンジ色の明かりは、昼間の疲れを癒し、ストレスを緩和、軽減する効果が期待できるそうです。

気持ちのいい空間をつくるだけで、夫婦の仲を修復できるなら安いものはないですよね。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事