menu

離婚回避の方法〜思考法〜

別居と離婚・年々離婚は増えている

別居と離婚・年々離婚は増えている

「別居したら必ず離婚になる」とは限りませんが、現在の我が国では別居から離婚に至るケースは少なくないようです。

もちろん夫婦や同棲カップルが別居したら必ず離婚(別れ)につながると決まったわけではないのですが、別居から離婚や別れに至るケースは多く「別居は離婚や別れのプロローグ」といえるかもしれません。

別居や離婚の原因とは?

結婚や同棲を始めようというとき、始めから「そのうち別れよう」と考える人はいないでしょう。

最初はお互いがお互いを必要と感じ、常にいっしょに居たいと考えたから結婚や同棲をするわけで「離婚や別居」を前提としてスタートするわけではありません。

しかし、男性・女性・年齢を問わず物の考え方が多様化している現代社会では、「生活習慣や様式の違い」」、「ものの感じ方や考え方の違い」」、「将来に対するビジョンの違い」など、いってみれば『人生観の違い』・『生き方の違い』・『ライフスタイルの違い』によって心身共にスレ違いが起こって別居や離婚まで到達してしまうカップルが多いのです。

別居は離婚につながるのか?

当初は順調で幸福感があった結婚生活や同棲生活でも、時間の経過とともに不満や不安が生じてくることがあります。

その原因は人によってさまざまですが、「性格が合わない」、「異性関係(浮気)」、「家庭内暴力」、「家族や親族との折り合いの悪さ」、「精神的な虐待」、「浪費(お金の問題)」、「性的な不一致」、「お酒やギャンブル」、「借金、負債の問題」などが挙げられるようです。

こうした問題はどこの夫婦やカップルにも起こり得る可能性のあるものですが、一般的なレベルではなく忍耐の限度を超えていると感じた場合に離婚や離別という結果になるわけです。

増加傾向にある離婚件数

厚生労働省の調査によると、昭和25年以降は日本人の離婚件数は年々増加しているという結果が出ています。

昭和25年というと1950年ですから60年以上にわたって離婚する夫婦は増え続けているわけですが、近年では結婚するカップルが減っていることを考えると危機的な状況と考える人もいるようです。

その調査結果から「離婚件数」の推移を見てみると、1950年には8万組程度であった離婚件数は1970年には10万組に近づき、1980年代には15万組に迫る勢いになっています。

さらに、1990年(平成2)には離婚件数は遂に15万組を超え、2003年(平成15)には28万組を超える結果となりました。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法


関連記事