menu

離婚回避の方法〜思考法〜

別居からの離婚が多い年齢層は?

別居からの離婚が多い年齢層とは

2001年以降、別居から1年以内に離婚に至る夫婦は25万組を超えて約70%超の確率となってきました。

つまり、離婚する夫婦のうち約7割は別居1年以内に離婚しているという確率になり、「別居→1年以内の離婚」というケースが増えてきているというわけです。

現状でも別居イコール離婚と限ったわけではないものの、別居すると離婚する可能性が高いという結果が見えてくる調査結果となっています。

別居離婚は30代がトップ

夫婦が別居してから1年以内に離婚する件数を調査した厚労省の統計結果からは、30代のカップルにその確率が高いということが分かりました。

30代の夫婦が別居してから1年以内に離婚するというと、実際の結婚年数は10年以内というケースが多いと推測されるわけで、なかには2~5年以内で別居になり離婚に至ったという夫婦も少なくないかもしれません。

よく結婚生活の区切りは「1年・3年・5年・7年」の奇数年といわれますが、逆にいうとこの区切り周辺に別居や離婚の危機を迎える夫婦も多いのです。

各年代の別居離婚の確率は?

別居から離婚に至った夫婦で最も確率が高い年代は30代であるということが分かりました。

では、ほかの年代の夫婦の離婚で、別居から離婚に至った確率はどのようになっているのでしょうか。

次に、厚労省の別居離婚に関する統計調査から、各年代の夫婦の直近の離婚率について見ていきましょう。

  • 第1位(30代前半)…30~34歳の平均別居離婚率:8.83%
  • 第2位(30代後半)…35~39歳の平均別居離婚率:7.70%
  • 第3位(20代後半)…25~29歳の平均別居離婚率:7.68%
  • 第4位(40代前半)…40~44歳の平均別居離婚率:6.07%
  • 第5位(40代後半)…45~49歳の平均別居離婚率:4.48%
  • 第6位(20代前半)…20~24歳の平均別居離婚率:3.92%
  • 第7位(50代前半)…50~54歳の平均別居離婚率:2.94%
  • 第8位(50代後半)…55~59歳の平均別居離婚率:1.81%

このように、別居から離婚に至る確率は30代前半のカップルが最も高く、次いで30代後半、20代後半、40代前後半、20代前半、50代という平均値が出ています。

もちろん、これは統計的な数字の平均値でありすべてのカップルに当てはまるわけではありません。

また、この調査結果による確率的には低いものの、熟年離婚が増えつつあるという傾向も見られる昨今では、50代カップルも安心できるわけではないようです。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法


関連記事