menu

離婚回避の方法〜思考法〜

知っておきたい別居の法律知識

知っておきたい別居の法律知識

「別居は夫婦やカップルの問題」と考えている人は意外に多いかもしれません。

もちろん、これまで愛し合ってきた夫婦やカップルが別居に至るまでにはさまざまな葛藤があることは確かです。

別居を回避するための努力や離婚に至らないための話し合いなど、苦しみや悩みのなかで出した結論が別居であれば他人が口を差し挟む余地などはないでしょう。

しかし、別居に関して知っておくべき法律の知識があることも事実なのです。

夫婦の「同居義務違反」って何?

みなさんは、民法で「夫婦には同居する義務がある」と定められていることを知っていますか?

実は、民法752条には「同居、協力及び扶助の義務」として『夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない』と定められています。

そこで正当な理由もなく夫婦のどちらかが同居を拒否すると「同居義務違反」に問われ、場合によっては損害賠償を請求することもできるのです。

ただし、単身赴任や病気療養といった止むを得ないケースや、配偶者が暴力を振るう、愛人と同居しているなど婚姻の本質に反する義務違反をしているケースでは「同居義務違反」に問われることはありません。

別居時に相手の物を持ち出すと「窃盗罪」?

原則的には、別居する際に夫婦の片方が相手の物を持ち出したとしても罪にはなりません。

しかし、その相手の物を持ち出すのを第三者に手伝ってもらった場合は「窃盗罪(せっとうざい)」に問われることがあります。

「窃盗罪」とは刑法第235条に定められている「他人の財物を盗む罪」で、10年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる可能性があるものです。

では相手の物でなく夫婦の共有財産を持ち出したらどうなるかというと、原則的には法律的な罪にはならず損害賠償請求をすることはできませんが度が過ぎた場合は不当行為とみなされることもあるので注意が必要となります。

別居中に家に入ったら「住居侵入罪」になる?

夫婦やカップルが別居した場合、相手の住んでいる家に無断で入ると「住居侵入罪」に問われることがあります。

相手が「自分の留守に勝手に家に入ってもよい」と承諾した場合は別ですが、別居中に勝手に相手の家に入った場合は不法侵入に当たるため刑法130条の「住居侵入罪」になってしまいます。

もしそれが自分名義の家であったり、カギが手許にあったりしても、相手の意思に反して住居に入れば「住居侵入罪」になる可能性があるというわけです。

ちなみに、不法に相手の住居に侵入して何かを持ち出した場合は「住居侵入罪」に加え「窃盗罪」になりますので注意してください。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法


関連記事