menu

離婚回避の方法〜思考法〜

夫婦の別居にまつわるお金の問題

夫婦の別居にまつわるお金の問題

夫婦が別居した場合、もともとの別居原因のほかに「お金の問題」が発生してトラブルが拡大してしまうことがあります。

別居とは文字通り別々の住居で生活することを意味しますが、かりに別居していても離婚が成立していなければ法律的には婚姻関係は続いているため、赤の他人というわけではありません。

そうなると別居中であっても生活費は誰が出すのか、子供の養育費用は誰が負担すべきかといった問題が発生してしまうのです。

別居しても生活費は要求できる

夫婦であっても別居したら生活費は別々…と考えがちですが、実は別居中でも配偶者に対して生活費を請求することができます。

この生活費は法律的には「婚姻費用」といい、結婚している夫婦が生活するのに必要な費用のことを指しています。

婚姻費用に含まれる生活費としては衣食住費や教育費などが含まれます。

では別居でも請求できる婚姻費用の金額はどのくらいかというと、「婚姻費用算定表」という計算表に基づいて割り出すことができます。

算定の基礎となるのは「夫婦それぞれの年収」・「子供の人数」・「年齢」など詳しい決まりが設けられています。

別居の原因には関係なく生活費は請求できる

別居中でも配偶者に生活費を請求できるといっても、自分に非があって別居しているなら請求するのは無理と考えてしまうかもしれません。

しかし、この生活費の請求は別居の原因やどちらに非があるのかといった問題には関係がありません。

かりに妻の浮気によって夫婦が別居しているとしても、妻は夫に対して生活費(婚姻分担金)を請求することは可能なのです。

もちろん夫側から見ると少し理不尽な請求に感じられるかもしれませんが、別居理由には関係なく法的に現在夫婦であれば離婚が成立しない限りは生活費を請求することはできます。

生活費を請求しても支払わない場合は?

別居中の妻が夫に生活費を請求したとしても、相手は素直に支払うとは限らないでしょう。

もし相手が生活費の請求に応じない場合は、協議もしくは調停・審判という手段があります。

一般的に調停や審判というと長期間掛かるというイメージがありますが、意外にスピーディーに1回か2回で決着するケースが多いようです。

万が一、相手側が調停に出て来ない場合には、本人不在のまま裁判所が生活費(婚姻費用分担金)の金額を決定します。

この審判で金額が決まれば、相手側が支払いを行なわないときには給与の差押えといった手段を採ることができます。

相手がサラリーマンなどであれば給与の差押えをすると告げると、会社に別居や調停・審判の事実を知られないよう支払いに応じることが多くなっています。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法


関連記事