menu

離婚回避の方法〜思考法〜

別居回避のために「今、できる事」

別居回避のために今できる事

「愛するパートナーとある事情で別居することになった」という夫婦は少なくないでしょう。

別居するに至る事情は人それぞれだと思いますが、何とかして別居を回避したいなら手をこまねいていては解決にはたどり着けません。

では、別居を回避するために「今、できる事」とは何なのでしょうか?

別居を認めてはいけない

別居から離婚に至った夫婦の約7割が1年以内に離婚しています。

たとえ、相手から「お互いに冷静になるために一時的に別居しよう」と言われたとしても、離婚がイヤなら絶対に別居を認めてはいけません。

なぜなら、相手が別居を言い出す心の底には、「適当な時期が来たら離婚しよう」という気持ちがあるからです。

かりに別居を認めてしまうと、そのままズルズルと離婚に持ち込まれ後悔することになります。

別居の提案には同意しない

別居を持ち出す相手には、できれば今すぐにでも離婚したいが仕事や親族などのことなどを考えるといきなり離婚はしにくいという計算があります。

しかし、一定の冷却期間が過ぎたら「別居までして冷静に考えたが離婚しかないと思った」などといった理由を付けて離婚を持ち出すことが多いのです。

もし、相手が離婚する気がないなら別居を言い出すはずはなく、同居しながら夫婦関係の修復をしようと努力するでしょう。

そこで、相手がどんな理由を付けてこようと、絶対に別居の提案には同意してはいけないというわけです。

絶対にあきらめてはいけない

別居の話が出るまでには、さまざまなトラブルが起こっていると思います。

それが配偶者の浮気であったり、仕事やお金の問題、嫁姑のいざこざ、子供の教育の問題など一朝一夕では解決しないことも多いでしょう。

でも「別居して冷静になろう」といっても、実際には冷静な話し合いができるどころか離婚へ一直線というケースも多く見られます。

ひと言でいえば、別居に至るようなトラブルで冷静に話し合うことはむずかしいのです。

しかし、離婚したくないなら、どのような状況でも「絶対にあきらめない」という覚悟が必要です。

自分の心のなかの結論として「何があっても別居はしない」と決め、どんな状況になっても別居を回避するという姿勢で対応することが不可欠となってくるのです。

別居回避のために今できる事は?

相手が別居を望んでいるとなったら、今すぐにできる事は限られています。

別居を回避するための解決策を模索するのも大事なことですが、現実には相手が話し合いに応じなかったり、素っ気ない態度で関わり合いを避けるような態度に出たりするため解決がむずかしくなりがちです。

具体的な解決策を考える前に、まずは「別居はしない」「別居は認めない」「決してあきらめない」という意志を明らかにすることが重要なポイントとなります。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事