menu

離婚回避の方法〜思考法〜

思い込みを捨てて別居回避

思い込みを捨てて別居回避

「別居を回避する特効薬はあるのか」と聞かれて、イエスと答えられる人はいないかもしれません。

なぜなら、百組の夫婦が別居の危機に直面していたとすれば百個の原因が、千組の夫婦ならば千個の原因があるわけで「誰にでも効く別居回避の特効薬」というものは存在していないからです。

しかし、本心から「別居を回避したい」と考えているなら、まずは「思い込みを捨てる」ところからスタートしてみてはどうでしょうか?

別居を招く「思い込み」

人間であれば誰でも「思い込み」がないという人はいないでしょう。

「思い込み」とは深く信じ込むことや固定的な考えに執着するという意味ですが、深く信じるのはいいとして誤った認識に執着するのは考えものです。

夫婦間でも配偶者に対して「君はいつもそうなんだよ」や「貴方っていつでもそんな感じなのよね」となってしまうと危険な事態に陥ってしまうことがあります。

相手の言動を「いつも○○だ」から「もう○○は治りそうにない」と変わり、「これからも○○なら我慢できない」となれば別居へと進んでいく可能性が出てくるのです。

「思い込み」は夫婦の不安要素

確かに、長年心に抱いていた「思い込み」を捨てるのはむずかしいかもしれません。

特に毎日共に生活する夫婦間では、相手に対して「○○な人」や「この人はいつも○○」という「思い込み」が刷り込まれてしまっています。

簡単な例でいえば、配偶者に対して「本当にだらしない人」や「やる気が見られない人」、「いつも適当な人」、「私の話を聞かない人」と考えている例は少なくないでしょう。

こうした「思い込み」は相手への失望につながり、さらには絶望にまで至って別居や離婚という結果を招きます。

言い換えると「思い込み」によって勝手に相手の価値を判断し、「もう何を言っても無駄」、「この相手とは暮す価値がない」、「今後も変わることはない」となったときが別居の危機といえるわけです。

もし「思い込み」を捨てると?

人間には誰でも「思い込み」があり、それを捨て去ることはむずかしいものです。

しかし、もし「思い込み」を捨てたとしたらどうでしょうか。

たとえば「だらしないところもあるが良いところもある」、「やる気はないが心は優しい人」、「いつも適当だが細かいことを言わない人」、「私の話を聞かないが愚痴も言わない人」となるのかもしれません。

さらに、「だらしないと思ったけど仕事は一生懸命やっている」、「やる気がないように見えて努力している部分もある」、「適当なところもあるが真剣にやっていることもある」、「私の話を聞かないと思ったが真面目な話なら聞いてくれる」というように見方が変わってくることもあります。

つまり、自分が「思い込み」に捉われていると相手の良いところも見えなくなってくるということもあるのです。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法


関連記事