menu

離婚回避の方法〜思考法〜

別居と離婚の回避で夫がしてはいけない事

別居と離婚の回避で夫がしてはいけない事

妻から別居や離婚を切り出された場合、夫側が事態を回避したいと希望しているなら「決してやってはいけない事」があります。

この「やってはいけない事」をしてしまうと、別居や離婚を回避できるどころか離婚という憂き目を見てしまう結果になりがちなのです。

感情に任せた暴言はNG

男は「プライド」や「体面」にこだわる傾向があり、妻から別居を切り出されると往々にして逆上してしまうケースが見られます。

そのときの感情に任せて相手を罵倒したり、「俺は絶対に認めないぞ!」や「誰のおかげで生活して来られたんだ!」といった暴言を吐くのはNGです。

大人の男を自任するならば、自分の感情はグッと押さえて冷静な対応をすることが別居や離婚を回避するためのスタートラインといえるでしょう。

妻を疑う発言はNG

妻から「別居」「離婚」という言葉を告げられたとき、ついつい「浮気」を心配してしまう男性がいます。

もし、それが結果的に事実であったにしても、「他に男ができたのか?」や「不倫でもしているのか?」などの妻の浮気などを疑う発言はNGです。

なぜなら、妻が浮気していなかった場合には「私がそんな女だと思っていたの?」と信頼関係が崩れてしまいますし、かりに本当に浮気をしていた場合には「ちょうどいい機会だから言うけど…」ということになり逆効果となってしまいます。

子供をダシにするのはNG

別居や離婚ということになると気になってくるのが「子供」の問題です。

特に子供の年齢が低い場合は、別居に際してどちらが養育するのかという問題も発生してきます。

しかし、そこで「別居や離婚なんて子供が可哀そうだろう」や「おまえ一人で育てられると思ってるのか」、「養育費など出さないぞ」といった発言はNGとなります。

子供の養育は両親の責任ですが、だからといって子供をダシにして別居を回避しようとするのは間違いといえるでしょう。

こうした問題は真剣に話し合うべきであり、別居や離婚回避のダシにするような軽い問題ではないのです。

家族を持ち出すのはNG

別居や離婚の話し合いでは家族の問題を持ち出す発言もNGです。

特にお互いの義父母や義祖父母などの問題を持ち出すと焦点がズレてきて、別居や離婚回避のためのポイントを絞った話し合いができにくくなります。

これは子供の問題とも似た部分があり、夫婦ふたりの関係を修復するためには持ち出さないほうが得策といえるでしょう。

ましてや、妻の父母に関する不満を言い出したりすれば話し合いは紛糾し、別居や離婚を回避するどころか離婚問題にまで発展しかねません。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法


関連記事