menu

離婚回避の方法〜思考法〜

夫との別居・離婚を回避するための秘訣

夫との別居・離婚を回避するための秘訣

さまざまな事情から夫との別居を余議なくされ、「何とか別居や離婚を回避したい」と苦しんでいる妻はたくさんいます。

しかし、問題を解決しようとすればするほど、どんどん自体が泥沼化して疲れと諦めを感じてしまっている女性も多いのではないでしょうか。

夫婦の別居という現実に直面した場合、それを回避するために妻にできることとは何なのでしょうか。

夫の考え方に注目しよう

「夫からの突然の別居宣言(離婚宣言)に心が乱れて、冷静な思考ができなくなってしまった…」というようなことは珍しくありません。

夫からの説明を聞いても何が何だか理解できず、反論しようにも何を言えばいいのか分からないとなるのは当然のことでしょう。

まず、ここで重要なのは心を落ち着けて、「夫の考え方」に注目してみることです。

よく「女性は感情の生き物」といわれますが、逆に「男性は論理的な生き物」であり、必ず何かしらの理論(考え)を妻に語っているはずです。

その夫の考えをしっかりと聞き、理解することで、別居を回避する手掛かり(ヒント)が見えてくるのです。

「感情」ではなく「理論」で

女性の多くは「感情」でモノを考えるといわれています。

もちろん、女性のなかにも「感情」より「理論」を優先させている人はたくさんいますが、何かアクシデントが起こったりすると「感情」を優先してしまう人も少なくないようです。

では別居や離婚という事態に直面した場合にも、ついつい「理論的な思考」ではなく「感情優先の考え方」をしてしまったとしたらどうでしょうか。

冷静な話し合いができないことはいうまでもありませんが、感情に任せて夫を罵ったりすることになって、別居や離婚回避という目的は果たせなくなるはずです。

男性の多くは「感情」よりも「理論」を優先して話し合いの場に臨むはずであり、それに対して「感情」ばかりが先走った対応するとなると、不利な立場に追い込まれてしまうケースが多くなります。

もし夫との別居や離婚を回避したいなら、「感情」ではなく「理論」で夫に対処する必要があるでしょう。

二つの「謝」:「感謝」と「謝罪」

夫婦が別居や離婚をするという事態に陥ったとき、「どちらが悪いか」ということはあまり大きな問題ではありません。

極言してしまうと、もし自分は間違ったことをしていないと感じていたとしても「別居や離婚はしたくない」と思っているなら相手に対して折れて出なくてはならないのです。

そこで、心の底から「夫との別居を回避したい」と考えるなら、必要となってくるのは「二つの謝」である「感謝」と「謝罪」ということになります。

夫の言葉を謙虚に受け止め、謝罪すべき点は素直に謝罪し、夫に対する感謝の気持ちをストレートに伝えましょう。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事