menu

離婚回避の方法〜思考法〜

離婚回避テクニック

離婚回避テクニック

夫婦の関係が少しずつ悪くなり、改善できないまま状況がさらに続けられると、当然離婚は避けられない場合もあります。
このままでは夫婦としてだめになってしまう、取り返しがつかない状況になってしまうと自信をなくすことも、夫婦である以上少なくとも1回は経験することです。

男と女である以上、その関係に亀裂が走ることは自然なこと、しかし修復できないまでに深く傷をつくってしまっては、いけません。
離婚を回避するためには、日々の些細な喧嘩が離婚問題に発展しないよう、そこから一刻も早く抜け出す術を見つけなければなければならないのです。

離婚回避のテクニックといえば、大げさに聞こえるかもしれませんが、最悪の状況を避けるためには、夫婦の関係を良好に保つためのテクニックを身につける必要があります。

テクニックその1・原因を追究することから始める

例えば、すでに夫婦の関係がギクシャクしているという悩みを抱えている場合は、まずいつから、なぜ、ギクシャクした関係になったのか原因追求をしなければなりません。
夫婦の間に何がおこっているのか?

その問題をどのように解決していけばいいのかをちゃんと考えるようにしましょう。
ただ、夫婦関係が悪化している場合、問題意識がずれている可能性があります。

そのため夫婦喧嘩が絶えず起こったり、仲直りをしてもまたすぐに喧嘩を繰り返す、仲直りがなかなかできない、時間がかかるといった傾向にあります。
自分にとっては、喧嘩をするような大きな問題でもないのに、なぜ気分を害するのか?

そのズレこそが夫婦関係悪化の根本的な原因なのです。
原因を追究するというのは、何も自分のものさしだけで考えると言うことではありません。

必ず相手の立場になって、相手ならどのように感じ、どのように改善して欲しいと願っているのかを考えるようにしてください。

テクニックその2・コミュニケーション

夫婦の関係が悪化し、すれ違いが生じる最大の原因は、コミュニケーションができていないという事。
夫婦喧嘩というのは、どんな家庭でも日常的に発生するものです。

夫婦である以上、意見が食い違うのは自然なことです。
ただ、喧嘩をした後に、一切それを改善しようと努力しない、相手とのコミュニケーションを拒むというのは、絶対によくありません。

夫婦喧嘩は当たり前ですが、その後歩み寄る努力をすることも夫婦としては当たり前のことなのです。
それを可能とするものは、コミュニケーション以外何もありません。

つまらないプライドによってこれ以上溝を深くするようなことはあってはならないことで、離婚回避のためには、とにかく夫婦としてのコミュニケーションを図る必要があるのです。
喧嘩は互いの本心をぶつけ合うために必要、だけど、その後どのようにその関係を修復できるかをそれぞれで考え、言葉にし、接触することもまた同じくらい必要なことであることを忘れてはいけません。

テクニックその3・男性であり、女性である、妻であり夫であることを意識する・させる

最終的に重要なのは、妻であって夫であるということを認識すること、させる事。
つまり妻は夫に対し、出来る限りのことをしなければなりません。

温かい料理をつくり、居心地のよい空間を作ることが妻の役割であるならば、それを徹底的に行いましょう。
夫であることは外で仕事を頑張り、経済面に貢献することがこそが夫であるならば、そこに力を注ぎましょう。

また忘れてはいけないのが、男であって女であるということ。
あまりにも近い存在であるがゆえに、いつしか男女と言うことを忘れがちです。

時々は女であって、男である努力をしましょう。
女性は、魅力的な女性であるよう身だしなみやスタイル維持に努力し、男性も男性らしい優しさや男らしさを出せるよう努力するのです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事