menu

離婚回避の方法〜思考法〜

離婚回避してやり直したい!関係修復に必要な4つの対策

離婚回避してやり直したい!関係修復に必要な4つの対策

突如妻から「性格の不一致」を理由に離婚を言い渡されたとき、あなたはどう対処しますか?
慌てふためき、頭は混乱、冷静さを失い、言ってはいけないと頭では分かっているのに、感情のコントロールができない、そんな状況で一体何ができるのでしょうか。

離婚回避に必要な条件はいろいろとありますが、何よりも大切なのは、冷静さを取り戻すことです。
冷静な判断ができない状況で、離婚を考えている妻と話し合いを続けても一向に良い結果を導くことはできないでしょう。

だからといって諦める事はありません。
とにかく、冷静に物事を判断できるまで落ち着きを取り戻し、次に何をすべきなのかを整理しましょう。

ここでは、妻から離婚を言い渡された夫がやるべき4つの対策をまとめてみましたので、参考にしてください。
ただし、あくまでも冷静な対応で臨むというのが基本となりますので、どんなに深刻な状況であったとしても、関係修復が実現するまで冷静さを失わないようにしましょう。

対策①「性格の不一致」は離婚話のきっかけにすぎない

離婚の原因の一つに「性格の不一致」があります。
成立している離婚理由としては、もっとも多い離婚理由に挙げられているのが、「性格の不一致」なのです。

しかし、この理由そのものが離婚の原因になっているのではありません。
この場合、結婚してから性格の不一致を感じるようになるまで、小さな問題がいろいろとあったはずなのです。

男性と女性の意見や考え方、もちろん性格が異なることは百も承知のはず。
それを分かった上で二人は、夫婦としてともに歩むことを決意したのですから、「性格の不一致」そのものが原因というわけではないのです。

妻の訴える「性格の不一致」を作り出した原因を自分なりに一つ一つクリアしていきましょう。
夫婦の抱える問題は、そこいらのカップルの抱える問題とは比較にならないほど、根が深いものです。

諦めず、根気強く、妻の不満を聞き入れ、それを一つ一つ解決することこそが離婚回避の第一歩となるでしょう。

対策②なぜ離婚したくないのか?

次に必要なのは、なぜ妻と別れたくないのか、自分自身に問いただしてみましょう。
なぜここまでひどい状況であるのに、妻と離婚をしたくないのか、もう一度夫婦の関係を修復したいと思っているのかを考えることによって、問題解決の糸口を見つけることができるかもしれません。

一緒にいることが当たり前になっている夫婦にとって、離婚の危機というのは、二人の関係を改めて認識する良い機会なのかもしれません。

いつまでもあると思うな金と女房なのかもしれませんよ。
出会った当時、ただそこに彼女がいてくれれば良いと思っていたのではないですか?

対策③妻に離婚したくないと思わせる

離婚を希望している妻と離婚を回避したい夫の意見はぶつかっているのですから、納得する合意点を探すのは本当に困難です。

ただ、「性格の不一致」といった離婚理由を持っているのであれば、その理由をすべて崩す事ができれば、離婚を回避できるかもしれません。

離婚をしたいという気持ちを、離婚したくないという気持ちにひっくり返すことこそが、夫が離婚を回避し、妻と別れない唯一の方法となります。

ただ決意が固い妻の気持ちを180度ひっくり返すことは、容易ではありません。
それを可能とするためには、努力と我慢そして、説得できるだけのテクニックも必要なのかもしれません。

ただ、その方法を誤ってしまうと修復はゼロになる可能性もありますので、注意が必要です。

対策④第三者に協力してもらう

自力では、どうしても離婚を回避できないと判断したら、早急にプロに相談するようにしましょう。
家庭裁判所や民間には、離婚を回避するために設けられた相談所があります。

これまでに数多くの夫婦の問題を取り扱っているだけに、的確なアドバイスを受けることができるでしょう。
世間体などを気にしている場合ではありません。

本気で大切な人を失いたくないと思うならば、今すぐ相談を行うようにしましょう。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事