menu

離婚回避の方法〜思考法〜

妻に離婚届を突きつけられたらどうする?離婚を回避する方法

妻に離婚届を突きつけられたらどうすればいいのか

妻と別れず、この先もずっと一緒に生活を続けるためには、離婚という言葉が二人の会話に登場する前に、何かしらの対処をしなければいけません。

別れを決意するまでに、妻はあなたに対し、いろいろなサインを送り続けているはずなのです。
それなのに、妻から送られるサインを見過ごした結果、ついに離婚届けを突きつけられたとき、あなたならどうしますか?

再三の離婚話にもあわてず対応しよう

突然妻に離婚を切り出されたとしても、そこはひとまずあわてないことが重要です。
感情的になることは、離婚を回避する上で、もっとも危険な行為となるでしょう。

カッとなってしまっては、正常な判断力を失い、自分でも思っても見なかった言葉を人は発っしてしまうことがあります。

心にもない言葉を発することで、妻をこれまで以上に傷つけ、完全に修復の望みを失う危険性が高くなるのです。
妻と別れたくない、離婚を回避したいと強く願うのであれば、ここはひとまず冷静な気持ちを維持し、妻の抱えるストレスなどすべての言い分を聞く姿勢を持つようにしましょう。

万が一妻が離婚に向けての準備をすでに進めているという状況にあっても、決して慌てたり、取り乱すようなことをしてはいけません。

すべての要望をひとまず最初から最後まで聞いてあげましょう。
その上で、これまでの反省点を素直に謝罪し、もう一度回復の見込みはないか、などを確認する作業に移りましょう。

離婚を切り出す妻の心の中には、少しでも夫に対し、改心する気持ちがないのかを確認しているところもあります。
一度は愛し合った二人なのですから、そう簡単には別れたいと思わないはずなのですから。

夫が妻の要望に対する理解を全面的に示し、そこから謝罪を口にし、もう一度チャンスをもらえるよう、改心できる部分を妻の前で誓うこと、それこそが離婚を回避する秘訣です。

第三者に相談してみよう

冷静に話し合いを進めても、二人では一向に埒が明かないと判断したからといって、それで諦めてはいけません。
本気で妻との関係修復を考えているのなら、最後の最後まで希望を捨てないようにしましょう。

男としての変なプライドはすべて捨て、それ相当なる専門機関に相談するというのも一つの方法です。
現在さまざまな相談機関が存在しますが、家庭裁判所にも離婚を回避すべく機関が存在します。

家庭裁判所は、離婚を勧めるための場所ではなく、夫婦関係調整調停という制度が設けられており、離婚をするための話し合いだけでなく、夫婦関係を改善、修復するための話し合いの場としても利用できるようになっています。

二人だけの視野や考え方では、一向に解決に向かわないと判断したなら、第三者を間に入れ、解決策を模索してみるのはどうでしょうか。

そのほかにも民間の相談機関もオススメで、これまでに数多くの夫婦問題を専門とし取り扱い、離婚を回避させた実績を持っているところも多くなっています。

夫婦関係修復の具体的な知識と豊富なノウハウを提示してもらえるはずですから、どうしても自力では妻との関係を修復できない、離婚を回避することは難しいと思ったら、すぐに相談することをオススメします。

家庭の問題を外部の人間に相談するなんてみっともないと大抵の男性は考えるかもしれません。
しかし、本気で離婚を回避したいと願うのであれば、複数の人間の意見を聞き入れ、最善の答えを得ることはとても重要なのです。

あなたの考えを押し付けていたからこそ、妻から離婚を言い渡されているのですから、自分自身を180度変えることこそが、離婚回避の第一歩なのです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事