menu

離婚回避の方法〜思考法〜

妻をイラっとさせる夫のこんな「褒め言葉」

妻をイラっとさせる夫の褒め言葉

女性がもっとも嫌がること、それは手料理をダメだしすることなんです。
夫は、特に深刻な意味を持って妻に注意をしているわけではないものの、妻は内心相当なるショックを受けているはず。

だって自信をもって手料理を作っているのですから、それをダメだしされてしまっては、自信喪失どころか夫との関係はきっと上手く行かないはずと、マイナス思考になることもあります。

だからといって何がなんでも褒めればいいということでもありません。
妻と別れないために夫は、少々めんどくさい努力が必要不可欠なのです。

難しい女性心理を無理やりにでも理解し、妻をムッとさせないためにどのような褒め言葉が必要なのかを覚えておきましょう。

毎日提供される手料理なのですから、できれば作ってくれた妻を喜ばせたいですよね。

中途半端な評価をしない

妻が作ってくれた手料理に対し「大丈夫食べられるよ」「結構いけるんじゃない?」など、よく意味が分からない反応をしてはいけません。

どっちにも捉えることができるこのようなあいまいな反応に、世の妻たちはイラっとする事があるようです。
できれば、美味しい、うまいの短い一言を発するようにしましょう。

お袋の味に近づいたな

一番やってはいけない事は、自分の母親と味を比較すること。
妻にとって、姑の料理と比較されることほどの屈辱はありません。

姑の料理よりもはるかに美味しいという反応なら断然喜びは大きいかもしれませんが、夫の母の味こそがゴールになってしまうことは、妻の怒りを爆発させるだけです。

状況によっては、姑という言葉をキッチンに持ち込むことすら、嫌悪感をあらわにする妻もいるようですから、そこらへんは慎重にならなければいけません。

リピートを拒む

提供された料理に対し、「とうぶんいらないな」という反応も妻の怒りを買うことになるでしょう。
だって、それってあまり美味しくなかったという意味でしか捉えられませんよね。

夫に悪気はないにしろ、妻が不快に感じることは確実です。
美味しい料理は、明日にでもすぐ食べたいと感じるものですから、リピートを拒むようなニュアンスを含む発言は慎むようにしましょう。

この間より美味しかった

時間をかけ、一生懸命作った料理に対し、上から目線で評価をすることはやめましょう。
時々夫が料理をし、それが妻より俄然上手ならそれでもかまいません。

しかし日ごろ一切の家事を手伝うこともせず、ましてや料理なんて絶対にしないような夫が言う台詞ではないということを認識しましょう。

夫にしてみれば、本音をただ普通に言ったつもりかもしれませんが、この1品を作るため、妻は遠いスーパーで買い物をし、限られた予算でやりくりをし、見たいテレビも見ず、夫のためにカロリーを計算するなどここまでくるのにいろいろな努力があるはずなのです。

それを上から目線で評価される妻の気持ちを理解しましょう。
以上のように、妻が毎日作ってくれる手料理をただ簡単に評価をすることは良いことではありません。

逆にただただ褒めるのも悪い傾向です。
妻の機嫌を損ね、夫婦仲が悪化しては、良い結婚生活を送れるとは考えられません。

どんな手料理でも妻が一生懸命作ってくれた料理だということを忘れずに感謝をするようにしましょう。
それが夫婦の関係を良好にし、離婚を回避する秘訣なのです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事