menu

離婚回避の方法〜思考法〜

離婚あるある。結婚前に学ぶべき離婚回避の方法

結婚前に学ぶべき離婚回避の方法

親や友人から猛反対される結婚や、女性が婚約時に少しでも不安を感じた場合、離婚をする確率が高いといわれています。

結婚前に抱えた不安を改善できないまま結婚を強行すると、結婚後に幸せになることはとても難しいのです。
近年、結婚後1年足らずで離婚する夫婦が急増していることで、離婚に対する抵抗が薄れているように思われます。

ただ、せっかく結婚したのですから、できれば離婚を回避し、ずっと一緒に歩んでいきたいと願うばかりです。
結婚に比べ、離婚は倍以上のエネルギーを必要としますので、結婚前に離婚を回避するためには、何をどう対処したらいいのかを考えることも必要なのです。

特に二人の間に子供ができてしまってから、離婚をしては、子供のためにもまた夫婦のためにも良い人生を送れるとは到底思えません。

ここでは結婚後の離婚を回避し、夫婦でいつまでも仲良くいられるための方法を考えてみましょう。
手に入れた妻と絶対に別れたくない。そう願う男性は特に必見です。

離婚するケースその1:周囲の反対を押し切った結婚

なぜか、周囲に反対されればされるほど、二人の恋は燃え上がり、結婚を強行する力がみなぎります。
しかしこのように成立させた夫婦は、意外とあっさりと離婚する確率が高いことが分かっています。

結婚当初こそ、二人の間には、何者にも負けない強い絆があったと錯覚しますが、それは、恋に対し盲目だったからこそ。

冷静に判断するためにも今燃え上がっているその恋が本物なのかをちょっと距離を置いて確認してみることも離婚回避に必要な方法です。

離婚するケースその2・できちゃった結婚

今や当たり前の状況となっているできちゃった結婚ですが、特に結婚する予定もないのに、無計画に妊娠し結婚したという夫婦も、意外と離婚率が高いことが分かっています。

互いに、「結婚」という目標があったわけでもないため、結婚生活が現実になったとたんに、相手の欠点や価値観の違いを目の当たりにしたときに対応できないのが、このタイプの夫婦なのです。

喧嘩が多く、二人の心がすれ違い、結婚生活そのものに疲れ果てた挙句、離婚をすることが多いのです。
ただ、子供がいる以上、いずれも子供と離れたくないという気持ちは大きいため、離婚は泥沼になることも予想されます。

こんな辛い離婚を回避するためには、しっかりとした家族計画を事前に立てて、結婚するべきなのです。

離婚するケースその3子供が欲しい妻との結婚

子供が欲しいと強く願っている女性と結婚する場合は、特に男性は注意をしなければ、離婚を回避できないことがあります。

男性は、女性の母性を求め結婚することが多いのですが、子供ができてしまうと、女性は当然子供へその関心が注がれることになるでしょう。

惜しみない愛情と多大な時間は、子供に費やされるために、夫は次第に妻に不満を持つようになるはずなのです。
どうしても妻に甘えたい、妻と別れたくないと思うならば、最初から子供が欲しいと強く思う女性との結婚は避ける、もしくは、事前に話し合いを持つことが離婚回避のポイントとなります。

それでもどうしても妻に母性を求めるのであれば、しばらくは夫婦二人水入らずで生活をすることを受け止めてくれる女性を見つけることも妻と別れないための一つの方法です。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事