menu

離婚回避の方法〜思考法〜

4つの注意事項で離婚の危機を乗り越える

4つの注意事項で離婚の危機を乗り越える

妻から一方的に離婚を突きつけられたとき、あなたはどのような行動をとりますか?
この状況でもどうしても妻と別れたくない、離婚を回避したい、そう願うのであれば、以下の行動には十分に注意をしなければいけません。

大抵の男性は、妻から突然離婚話を切り出されたら、感情的になり、冷静な判断能力を失うことがあります。
しかしこのような行動をとってしまっては、残されていたわずかな復縁の希望すら失ってしまう最悪の結果になることは避けられません。

残されたわずかな可能性を復縁という100%の希望に変えるためにも次のような行動に注意をしましょう。

注意点1.強引に復縁を迫る

妻と別れなくないという焦る気持ちがゆえに、脅迫じみた言動や行動をとる男性がいますが、そのような脅迫には、まったく意味がありません。

この場合、なぜ妻が別れたいと思っているのか、自分の何がいけなかったのかを踏まえ、冷静に自分の意見を聞いてもらえるように誠心誠意で対応しましょう。

注意点2.頑なに離婚を拒否する

離婚は回避したい、その気持ちは良く分かります。
しかし、ただ、それだけの理由で一方的に離婚を拒否しても、一度離れてしまった妻の気持ちを取り戻すことはできないでしょう。

たとえ形上離婚を回避できたとしても、現実的に夫婦の関係が修復できるとは到底思えません。
頑なに離婚を拒否するのではなく、相手の気持ちも理解した上で、自分の本当の思いを丁寧に伝えるように努力しましょう。

注意点3.頻繁に連絡をいれ行動を監視する

妻から「ひとまず別居」という相談をうけ、二人にある程度の距離を作ることに了承したのなら、妻に対し頻繁に連絡を入れたり、行動を監視するようなことは絶対にしてはいけません。

別の異性の存在や本当に心が離れてしまわないかと不安になる気持ちは分かりますが、ここはひとまずその思いをこらえ、復縁に向け今やるべきことだけを考えるようにしましょう。

妻だって冷静になって状況を整理したいという思いで距離をとっているはずです。
それなのに、頻繁に連絡が入ったり、行動を監視するようなことが目に余ると当然、あなたから離れたいという気持ちを強くするだけなのです。

注意点4.暴力・暴言

絶対にやってはならないのが暴力や暴言です。
頭では分かっているのに、感情のコントロールができずに、ついついやってしまったといってもそれが正論として通るはずがありません。

どのような理由にしろ、男性の暴力や暴言は、この先どんなにたくさんの謝罪と時間をかけても取り返すことはできません。

本当に妻との関係を修復し、復縁を熱望するのであれば、絶対にやってはいけないことがあるということを忘れないようにしましょう

このように妻から離婚を言い渡されたからといって、焦ったり、感情的になってはいけません。
復縁のポイントは、いかに冷静さを維持できるかという点に限られます。

感情的になって相手の気持ちを強引に引き止めても、夫婦関係の修復には、つながりません。
逆に離婚の話を進めてしまうだけでしょう。

本当の意味での復縁を希望するのであれば、妻に対し今何ができるのか、なぜ別れたいと思ったのか、自分は今何を改善すべきなのかをじっくりと考えることが必要なのです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事