menu

離婚回避の方法〜思考法〜

聞き上手は愛される?夫婦関係を修復を可能とする会話

夫婦関係を修復を可能とする会話

哲学者ニーチェの有名な言葉集の中に、次のようなフレーズがあります。
「夫婦とは永遠の会話である」

まったく意味が分からないと思っている男性は、きっと今、妻との関係があまり良い状態ではないはず。
今の関係を修復したいならば、ニーチェの放ったこの言葉にはどのような意味が含まれているのかを考えてみてはどうでしょうか。

良く考えてみると人生の中で一番多く会話をする人間は、妻なのかもしれません。
逆に妻から見ると人生でもっとも多くの言葉を交わす人間は夫以外に存在しないのです。

つまり人生の中で多く話し合うのは夫婦であるということ。
良い関係をこの先もずっと維持していくためには、夫婦の会話をどのようにつくればいいのかという問題が出てくるはずです。

おしゃべりな妻の声に耳を傾けよう

男性の多くは、おしゃべりな女性の話をまったく聞かない、興味がないというケースが多く、それがきっかけとなって日常的な喧嘩を繰り返しているのではないでしょうか。

仕事で疲れて帰ってきた夫が、頭も心も休めたいという気持ちは良く理解できますが、一方一人静かに夫の帰りを待っていた専業主婦の妻からしてみると、やっと会話ができるという気持ちから夫に関係のない話でもすぐにしゃべりたがる傾向にあるのです。

夫がまったく知らない人の話やまったく興味のない話、遠く離れたどっか知らない国の知らない村の子供の話などなど・・・。

仕事でへとへとの夫にしてみれば、こんな意味のない話をされてもとうんざりするかもしれません。
しかし、少しの間、妻の声に耳を傾けるフリをしてみてはどうでしょうか。

女性のというものは、一通り、心に溜めてある情報や感情、すべてを吐き出せたら、それで満足するのです。
夫や聞いていようが、いまいが、そんなの特に問題ありません。

とにかく、目の前にいる何でも離せる夫に気持ちのすべてを話したいだけなのです。
それを「うるいさい」「静かにしてくれ」「疲れてるんだ」などといった言い訳で、妻の言葉を遮断していませんか?

もしも心当たりがあるならば、今すぐ改善しなければいけません。
一人自宅で専業主婦業をこなしている女性の多くは、誰にも離せないというストレスは、いずれ他の形で爆発することになります。

その一つに夫婦関係の悪化や離婚といった状況です。

聞き上手な夫は大切にされる

仕事で疲れてすぐに休みたい気持ちは分かりますが、帰宅後の10分間は、妻の声を遮断しないように注意しましょう。
笑顔をつくり、妻の目をしっかりと見つめ、頭は休めたまま、音楽を聴くかのように妻のおしゃべりにしばしつきあってあげてください。

そうすることで、体力を消耗する日常的な喧嘩を軽減し、10分後の幸せなひと時を手に入れることができるはずです。

万が一あなたが10分間の努力を惜しんでしまうと、その後の夫婦関係は悪化し、妻との関係修復に10分どころか、数ヶ月、いや数年の時間を無駄にするかもしれないのです。

妻の意味のない話に優しく微笑んでくれる夫のことを、妻はこの先もずっと大切な存在として取り扱うことでしょう。

現在妻との関係が悪いと感じている方は、関係修復のためにも10分間妻との会話を大切にするようにしましょう。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事