menu

離婚回避の方法〜思考法〜

無駄遣いを許す?これぞ妻と別れない切り札

無駄遣いを許すこれぞ妻と別れない切り札

夫婦喧嘩って本当に不毛ですよね。
喧嘩のきっかけをたずねると大抵の場合、本当にくだらないことのような気がします。

しかし、このくだらない喧嘩が積もりに積もると、離婚を引き起こすから本当に怖い。
特に女性は、過去に夫がおかしたミスも忘れることなく、ちょっとした喧嘩の際に引っ張り出してきては、大喧嘩に発展させる生き物なのです。

積もり積もった喧嘩によるストレスは、次第に膨張し、離婚という形で爆発させる危険性もありますので、妻と別れたくないなら、できる限りくだらない喧嘩をしない事が夫婦円満の秘訣です。

夫婦の喧嘩の理由の一つに「お金」の問題があります。
ここでは、お金にまつわる夫婦間のトラブルで、離婚を回避するコツを紹介しましょう。

金銭感覚は妻と夫でこんなにも違う?

外で仕事をするのを常にしている男性の場合、その体一つで、何とか食べていけるくらいの自信を持っているでしょう。

一方妻、特に専業主婦の場合は、夫から与えられたお金のみで家計をやりくりしなければならず、大抵の場合、夫が元気に稼いでいる間に、一生涯の生活費を蓄積しようと考えるのです。

専業主婦はしばし、自分はケチであると自覚しているように、一家の家計を預かるものとしての責任感から1円を惜しむという金銭感覚が自然と身につくといわれています。

そのため、外で仕事をし、自力で収入を得ている男性の場合、「あとはなんとかなるだろう」と考えるとき、千円に鈍感になるのですが、男性に比べ、はるかに用心深い妻の場合、どうにもならなくなると「1円」に敏感になるのです。

この男性と女性の金銭感覚の違いを夫婦で互いに認める必要があります。
ただ、夫が1円に敏感な家庭は、ややみすぼらしい生活を強いられ、妻はおしゃれや遊びを制限され、家庭は寂しい環境にあることは目に見ているはずです。

そんな家庭環境で夫婦仲が上手くいくことも、妻が開放的に生活をすることも不可能となることから、離婚は免れないでしょう。

理想の家計は、入るを計って出ずるを制す

離婚を回避し、夫婦円満に生活をするためのポイントは、夫が汗水流し、収入を得、それを家庭に入れる、そしてその限られた収入をどうやりくりするかを妻に託す、妻は責任をもって家計を預かる、それこそが理想かもしれません。

夫は、自分の得た給料を妻に一旦渡したら、そのあとの口出しは一切無用。
むしろ妻がそれをどう使おうと、関係ないと見てみぬふりをしなければいけません。

例え、家中のものが新しく、妻の服が少し増えたとしてもそれは、それで良しとしなければ妻との関係を良好に保つのは難しいでしょう。

生活が窮地になっていない以上、妻のやり方に口出しをすることは、夫としてやってはいけないことなのです。
現在家計のやりくりについて、いちいち口を挟んでいる夫は、今すぐ自分の行動を改善しなければいけません。

男が妻の家計のやり方に首を挟み、細かいところまでグチグチというと、妻はそれだけでストレスを抱え、いずれあなたの元を離れるきっかけになることは避けられません。

妻の無駄遣いはある程度許す、それこそが離婚を回避し、夫婦が仲良く過ごすための方法なのです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事