menu

離婚回避の方法〜思考法〜

その口癖は離婚を運ぶ?妻が嫌がる4つの口癖

離婚を運ぶ妻が嫌がる4つの口癖

自分は普通にしているのに、突然妻の機嫌が悪くなった。そんな経験夫なら誰でもありますよね。
女性の考えていることなんて到底理解できないと、投げやりになるようでは今後妻と仲直りをすることはできません。

日々発生する些細なトラブルが積み重なると、妻のストレスは、いずれ夫との離婚という形で表面化する可能性もありますよね。

妻と仲直りをし、離婚を回避するために、妻が嫌だと感じる夫の口癖を把握しておくようにしましょう。
すべての妻がそうだとは限りませんが、大抵の場合、夫のこんな口癖が妻の機嫌をそこねると言われていますので、参考にし、今後の改善に生かしてください。

妻に嫌われる口癖1・めんどくさい

子どもの教育に関する相談、買い物の相談などなど、妻からいろいろな相談をされることは日常茶飯事。
それなのに、「めんどくさい」という言葉でその場を逃げていませんか?

妻が真剣であればあるほど、この言葉は妻の機嫌を損ね、さらには夫に対する不満となり、いつしか夫婦関係の悪化を引き起こすことでしょう。

万が一誤ってその言葉を口にした場合は、即座に謝罪し、耳を傾ける努力をしてください。

妻に嫌われる口癖2・どっちでもいい

男性に多いのが、「どっちでもいい」という言葉。
判断をすべて妻任せにしている男性は、女性にとって本当にうんざりする瞬間です。

たとえ、妻が選択したことに対し、本気で異論はないにしろ、何かの判断を求められたり、意見を要求された場合には、しっかりと自分の意見を言葉にするようにしてください。

妻に嫌われる口癖3・疲れてるんだ

仕事から帰宅している夫は、疲れている。
そんなこと妻は百も承知です。

それでも夫に話したいこと、夫としたいこと、聞いてほしいことなどいろいろなことが妻にはあるのです。
それなのに「疲れているんだ」その言葉を言われてしまったら、次に発する言葉は何にもありません。

妻はたった一人、あなたの帰りをじっと待ち、そして待ちに待った夫の帰宅を楽しみたいだけなのです。
それを「疲れてるんだ」の一言で制してはいけません。

この切ない思いを蓄積させた妻の気持ちは、別の異性へと向かうことになるかもしれませんよ。

妻から嫌われる口癖4・おまえ

夫の最も悪い癖の代表として、ちょっと夫婦喧嘩をしたものなら、すぐに「おまえさ」と呼び捨てにすること。
女性は少なくとも男性よりもいろいろな面で劣っていると感じているものです。

それに加えて、喧嘩をしたときに見下されているような「おまえ」という言葉にカチンとこない妻なんていないはずなんです。

意見の食い違いで感情的になっているときこそ、しっかりと妻の名前を呼ぶように努力しましょう。
以上の口癖を今すぐ改善しなければ、妻と仲直りをすることは難しく、その状況を放置したままにするといずれ夫婦関係は悪化し、離婚は免れないかもしれません。

妻に一度でもやめてとお願いされた口癖を、改善する努力をしましょう。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事