menu

離婚回避の方法〜思考法〜

不受理申立書で夫との離婚をストップしよう

不受理申立書で夫との離婚をストップしよう

離婚の話し合いも一向に進んでいないのに、夫に勝手に離婚届けを出されそうになってしまったらどうしたらいいのでしょうか。
妻の知らないところで、夫が出した離婚届けによって夫婦としての関係を解消することができるのでしょうか。

ここでは、万が一夫が妻に黙って一方的に離婚届けを出してしまったときに、できる対処法を紹介しましょう。

離婚届けって勝手に提出できるって本当?

離婚届けなんて勝手に提出できないものだと勘違いしていませんか?
まずはその誤った知識を改善しなければなりません。

自分がサインしたわけでもないから、離婚届けは書類上成立しない、受理はできないはずと思っている場合は要注意です。
なぜなら、離婚届とは、夫が必要事項を記入し、どこにでも売られているような印鑑を押すだけで、簡単に作成し、受理されるのです。

これっておかしいでしょ!?と反論したい気持ちは分かりますが、事実各市町村では、これらの離婚届けを簡単に受理していますので、注意しましょう。

あなたの知らないところで、離婚が成立し、後日役所から届く書類によって、離婚したことを知るというケースも少なくありません。
そんな勝手な行動が本当に許されるのでしょうか。

離婚を回避するための「離婚届け不受理申立書」

夫とは絶対に離婚したくない、もっと話し合いをし、納得しなければ夫とは別れたくないと思っている妻はとても多いことでしょう。
しかし夫の勝手な行動によって提出された離婚届けによって、離婚が成立した場合は、それを阻止する必要があります。

阻止するために必要となるのが、離婚届け不受理申立書です。
名称のとおり、離婚届の受理に対する不服の申し立てです。

この申請を離婚届を勝手に提出しそうな夫の行動を予測し、事前に役所に提出しておきましょう。
例えば、子供のこと、財産のこと、今後のことなど今だ話し合いもしてない、気持ちの整理もついていない、だから夫とは今別れたくないという方の場合には、ぜひ事前にこの書類を提出しておくようにしてください。

離婚回避に一刻を争う場合はプロに依頼すべき

「離婚届け不受理申立書」は、各市町村の戸籍課で受け取ることができ、申請の手数料もかかりません。
再度不受理取り下げをしない限り、無期限で受理できますので、とにかく夫と話がしたい、離婚回避をしたいという場合は、安心できるのではないでしょうか。

戸籍に関することとなりますので、届出は基本的に本籍地での提出が必要です。
各市町村への問い合わせが必要ですが、場合によっては、住居地の役所からの提出も可能です。

ただ、本籍地の役所に届けられるまでの間に夫が離婚届を提出し、それが受理されてしまうといったリスクもありますので、状況によっては、本籍地に出向き、直接届出を出すのがオススメです。

これらの方法によって離婚を回避できますが、自分ひとりの力で夫の気持ちを取り戻し、離婚回避が難しいと判断した場合は、専門機関を利用し、プロのアドバイスを受けるようにしてください。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事