menu

離婚回避の方法〜思考法〜

クタクタの夫を癒す愛され妻のお帰りテクニック

夫を癒す愛され妻のお帰りテクニック

夫が帰宅すると「お帰り」と声をかけるのが普通です。
しかし、最近では、たった4つの言葉すらかけることができない妻が増えているというのです。

この状況を今すぐ改善しなければ、夫からいずれ別れたいと離婚を突きつけられる危険性も高いのではないでしょうか。
ここでは、疲れて帰宅する夫の心を癒してくれる妻の言葉をまとめてみました。

夫に最近「お帰り」と声をかけてない妻も、ワンランク上の言葉を活用し、夫から愛される、夫と別れない妻になるための努力をしましょう。

お帰りプラス「お疲れ様」

「お帰り、今日も一日お疲れ様」たったこれだけのシンプルな言葉ですが、毎日夫に伝えていますか?
何気ない言葉かもしれませんが、この言葉にほっこりとしている夫は、とても多いでしょう。

プラス妻のくったくない笑顔があると、今まで感じていた疲れは完全に吹っ飛ぶかもしれませんよ。

お帰りプラス「いつもありがとう」

子供がいる夫婦の場合は、家族のために汗水流し働いている夫をねぎらうためにも、感謝の言葉を加えるようにしてください。
働いていることに対し、ストレートな気持ちを表現することは、とても嬉しいはずです。

また妻のこのような夫に対する態度は、自然と子供にも伝わり、夫であり父親である存在にいつまでも感謝し続けることでしょう。
子供がまっすぐに育ってくれたことに夫は感謝し、妻のことをより大切にしてくれるはずです。

お帰りプラス「遅くまでご苦労さん」

残業残業続きで、帰宅が遅くなっている夫に対しては、気持ちをいたわる配慮も必要です。
遅い時間まで仕事をしてきた夫に、「こんなに遅くまで何をしているの?」と怪訝そうな顔を向けるのではなく、本当にお疲れ様の気持ちを伝えるのが鉄則。

たとえ、夫の仕事の要領が悪く残業が続いたとしても、そこは温かく迎えるのが妻の役目であって、夫がほっとする家庭という環境なのです。

お帰りプラス「体を気遣う」

体調が優れないにも関わらず、出勤しなければならない夫を迎える場合には、とにかく体を気遣うのが先。
帰宅後すぐに体を休めてもらうよう、温かいご飯とお薬、温かい湯とベットを準備しましょう。

そしてできるだけ早めにゆっくりと疲れを取ってもらうように、テレビの音を消し、静かな環境を作ることもポイントです。
自分の体のことを真っ先に考えてくれる妻の行動に、再び愛する気持ちや大切にしたいという気持ちが湧き上がり、夫婦関係を良好に保つことができるでしょう

離婚を回避し、妻としてのポイントを挙げるためにも、このような気配りは必要不可欠です。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事