menu

離婚回避の方法〜思考法〜

この妻と結婚してよかったと思う3つのケースで離婚を回避する

この妻と結婚してよかったと思う3つのケース

運命の人と感じたからこそ、夫婦としての契約を結んだのだと思いますが、出会ったときの気持ちをこの先の何十年という長い人生で持続させることは非常に難しいでしょう。

夫婦の関係を良好に保つには、片方だけが愛していても意味がないのです。
互いに同じ気持ちでなければ、夫婦として成立することは難しく、いずれ離婚という危機を迎える危険性もあるでしょう。

特に男性は、ついつい魔が差し、別の女性と不貞行為に走る可能性もないとも言い切れません。
魔がさしたとはいえ、妻にとっては信頼している夫の裏切り行為を許すことができず、それをきっかけに喧嘩の絶えない夫婦になることは
明らかです。

どんな理由があるにせよ、夫と別れたくない、離婚はできるだけ回避したいと思うならば、このような状況を作ってはいけないのです。
夫が浮気せず、いつまでも「この妻と結婚してよかった」と感じてもらうためには、どのようなことに努力したらいいのかをまとめてみましたので、参考にしてください。

結婚してよかったと思う瞬間ケース1・笑顔で迎えてくれる

夫にとって、帰宅後の自宅というのは、本当に気持ちがほっこりとする空間です。
どんなに仕事で嫌なことがあっても、失敗をしても玄関をあけると無条件にむけられる妻の笑顔には、ホッとすることでしょう。

この瞬間「この人と結婚して本当に良かった」と思ってくれるはずです。
最近夕食の準備やテレビが面白くって、夫を玄関まで迎えてないという人、「お帰り」の言葉をかけていない人は、夫から離婚を切り出される日も近いかもしれませんね。

結婚してよかったと思う瞬間ケース2・気持ちよく出勤できる

朝は何かと忙しく、世の母親、妻たちは、大抵イライラしている様子。
特に家事と育児、仕事を両立させている妻たちは、100%朝の忙しさにご立腹ではないでしょうか。

慌ただしい朝ですから、ちょっとした夫の行動にもイラっとすることもあるでしょう。
しかし、これから夫は、戦場のごとき職場へ向かうのですから、できるだけ気持ちよく、笑顔で送り出してあげるようにしてください。

例えイライラするようなことがあっても、夫や家族を玄関から外へ送り出すときには、気持ちよく「いってらっしゃい」が言える妻であって、母でなければなりません。

朝からイライラしているような家には、帰宅すらしたくないですよね。

結婚してよかったと思う瞬間ケース3・何年も変わらぬおはようができる

「おはよう」と何年たっても変わらず優しく起こしてくれる妻の声と笑顔には、多くの夫たちは癒しを感じているようです。
つまり、結婚して以来ずっと夫よりも早起きをし、時間になったら夫を優しく目覚めさせてくれる妻。

テーブルには、夫の好きな朝食が並び、出勤の準備がしやすいようにとアイロンのかかったシャツや、それに合わせてコーディネートされたネクタイやハンカチ、手作りのお弁当があれば、この妻からきっと離れることはできないでしょう。

夫と別れたくないならば、夫のかゆいところに手が届くだけでなく、この上ない極上の満足感を与えられるような演出に力を入れなければなりません。

ドラマのような夫婦なんて、妻なんて絶対にありえないと思っているそこのあなた。
遅かれ早かれ夫から離婚を切り出されることも・・・。

愛する夫からこの先もずっと愛され、必要とされるためには、すべてのことを全力で努力しなければならないのです。
離婚を回避するためには、とにかく妻は努力あるのみなのです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事