menu

離婚回避の方法〜思考法〜

別れたがる夫との関係を修復し 離婚を回避する3つの方法

別れたがる夫との関係を修復し 離婚を回避する方法

突如夫から「お前と別れたい」と相談されたらあなたはどう対応しますか?
確かに、決していい妻ではなかったのかもしれない、しかし夫とは絶対に別れたくないと思っている場合、どのような方法で離婚を回避し、夫婦として復縁することができるのでしょうか。

夫婦復縁のポイントは、別れたいと夫に言われた妻の忍耐と、これまでのあらゆる行動や言動に対する謝罪の気持ちと姿勢です
妻に愛想を尽かし、「別れたい」と切り出した夫との関係を修復することはとても難しいでしょう。

通常の喧嘩とは大きく異なり、誤った態度で接することで、さらに復縁の確率を低くすることもあります。
別れたがる夫ともう一度復縁するためには、どのような方法があるのかを考えてください。

方法その1・焦らず待ちの姿勢

夫に別れたいと言われた女性が真っ先に行う行動の一つに、怒り、悲しみのすべてを表すことがあります。
男性は女性の涙に弱いといいますが、この場合は、まったく違います。

離婚などの話し合いに、感情的な表現は必要ありません。
むしろ涙を見せたり、怒りという表現は、夫の印象を悪くするだけです。

感情的なコントロールを失ってしまった妻と復縁したいと思う夫はいないでしょう。
ここは焦らず、とにかく冷静に夫の気持ちを受け止め、しばらくは、どう対応していいのかを考える時間にあてるようにしましょう。

方法その2・謝罪の気持ちを伝える

ある程度冷静になれる時間を設けたら、次に夫に指摘された離婚理由についての謝罪をするようにしましょう。
その場合、離婚の原因となっている事に納得できないからといって、夫の発言を否定するようなことを口にしてはいけません。

離婚とは、そもそも片方に問題があるわけではありません。
夫婦それぞれに問題があり、それによって夫婦関係にズレが生じたのがそもそもの原因なのです。

夫を責めるのではなく、まずは自分自身の悪い部分を反省し、今後どのように改めるのかを検討した上で、夫に謝罪することから離婚回避の一歩を踏み出すようにしましょう。

方法その3・ただ謙虚な姿勢が必要

男性は、強い女性にしばし身を引く傾向にあります。
女性たるもの、男性の一歩後ろを歩くという考えを、いまだに持っている人も少なくありません。

だからこそ、この場合は、ただ謙虚な姿勢で、話し合いに応じるようにしなければなりません。
たとえ、夫から悪口を言われても、何をされてもとにかく誤り、謙虚な姿勢で臨む覚悟がなければ、離婚を回避することはできません。

逆上したり、泣きわめくような行為は、夫がさらに妻に愛想を尽かす評価をするだけです。
夫婦の関係を修復し、夫と別れたくないならば、とにかく最後まで強い我慢と忍耐が必要なのです。

妻のこのようなひたむきな姿勢は、もう一度だけ夫婦としてやっていけるかもと夫が判断する材料になるはずです。
夫のことをまだ愛している気持ちが強いならば、この危機を乗り越えるだけの強い思いが必要です。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事