menu

離婚回避の方法〜思考法〜

別居を避け夫婦の関係を修復するために必要な心得

別居を避け関係を修復するために必要な心得

夫婦関係が悪化し、夫から離婚を言い渡されそうと感じた妻が安易にやってはいけない行動の一つに「別居」があります。
夫婦としての関係にヒビが入り始め、会話やコミュニケーションも次第に減ってきたら、離婚という二文字が頭をよぎることでしょう。

ただ夫のことを愛し、このまま離婚という形をとりたくない、夫と別れたくないと思ったら、少しの間距離を置こうと思う妻も多いようです。

しかし、その方法が本当に正しい方法なのかをきちんと判断しなければいけません。
確かに、夫婦の関係を修復するために、一度二人の間に距離を設けることもとても重要な離婚回避方法です

しかし場合によっては、別居からすぐに離婚という道を勧める場合もありますので、とても危険が高くなります。
別居という形で、本当に夫の気持ちを取り戻すことができるのか、考えましょう。

別居で離婚は回避できない?

夫と離婚したくない、夫と別れたくないと強く思っているのにも関わらず、夫から別居を要求された場合、それは確実に離婚への危険信号です。

別居で離婚が回避できる状況とは、例えば、夫婦の間で距離を置くことによって感情的になっていた夫と妻の気持ちを抑え、冷静になることができます。

それによって、互いの必要性や愛情を再び再確認することで、家族のこと、将来のこと、子供のことを考えた上で、もう一度やり直そうと判断することができます。

ただ、別居から離婚を回避したケースというのは、実際には、とても少なく、大半の場合、表向きの発言であって、そのまま離婚を勧めることが多いのが現状です。

別居をしたいという夫には、必ず理由がありますので、その理由を聞き、そこに夫婦が歩み寄らない限り、離離婚を回避することはできないでしょう。

別居とは、夫婦がもう一度歩み寄る手段ではないということを再認識しましょう。

別居は離婚準備期間

別居から離婚を回避し、再び夫婦として復活した夫婦は、ほんのわずかなケースで、ほとんどの場合離婚が成立しています。
離婚の準備をスムーズに行うためには、それぞれが別々の場所で生活をしたほうがより有利に働く、それが別居を希望する夫の本当の気持ちです。

夫婦がもう一度復活するための別居というのは、本来存在しません。
夫の気持ちをもう一度取り戻し、仲直りがしたい、離婚の危機を回避したいと真剣に思うのであれば、別居をし、今の状況から逃げ出すのではなく、問題に向き合い、この先どうしたらいいのか夫婦で時間をかけて冷静に話し合うようにしましょう。

特に別居も当然離婚も望まない人は、夫からの別居の申し入れを安易に受け入れてはいけません。

重要なのは別居ではなく、問題解決

夫婦が再び愛し合い、家族として生活をするためには、別居ではなく、今目の前にある問題に真摯に向かうという強い姿勢です。
特に二人の間に子供がいる場合は、なおさら二人の気持ちをもう一度確かめ合うような作業を丁寧に時間をかけて行うようにしましょう。

話し合いをすることによって、考えのズレを修正し、意外と簡単にもとの関係を取り戻せるのかもしれません。
別居をすることで、夫婦が話し合いを持つことも少なくなり、次第にズレは大きく、離婚という選択肢しか残されていないという最悪の状況になることもあるのです。

熟年離婚や早期離婚が多くなっている今、育てる愛よりも変わる愛という道を選ぶ人も多いようです。
ただ、一度は愛した人なのですから、どんな危機がせまろうとも、簡単にその道を諦めてはいけません。

真の夫婦になるためには、今乗り越えられる目の前の危機から目をそらさず、愛を育てるためにどれだけの努力ができるかに限られています。

夫と別れたくないなら、妻として今できることをやり遂げるようにしましょう。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事