menu

離婚回避の方法〜思考法〜

離婚を回避するために結婚前に確認すべきこと

離婚を回避するために結婚前に確認すべきこと

結婚をしていない男性の多くは、結婚そのものに抵抗があるといわれています。
さまざまな理由が存在しますが、その中の一つに結婚後の離婚を回避したい、夫婦不仲という状況を避けたいという不安が、幸せな結婚を阻んでいるようです。

事実、年々離婚率が高まり、子育ての問題や養育費、慰謝料などさまざまなトラブルを抱えている夫婦が多いといわれています。
離婚を回避し、幸せな結婚生活を送るために、結婚前にできる心構えや予防策を考えて見ましょう。

結婚前の約束事

妻として夫からこの先もずっと愛されるために、さまざまな努力は必要不可欠です。
相手に頼りきっていては、幸せな結婚生活を送ることも、夫から必要とされることもないでしょう。

ただ、結婚の状況を考えると大抵の場合、勢いやその場の雰囲気におされて行うケースも多く、その結果、後の離婚という状況につながっているとも考えられます。

結婚はとてもめでたい状況ではありますが、それを簡単に考えると高い確率で離婚を引き寄せてしまうということを忘れてはいけないのです。

日本以外の国では、結婚の際に離婚届を準備するというところもあります。
それだけの覚悟があって、はじめて結婚が成立するという覚悟が必要なのです。

かっこよく、経済的に考えても結婚にふさわしい人だからと安易に結婚しても、夫から良き妻であると認められなければ、離婚を回避することはできません。

夫の良き妻になる覚悟ができないならば、どのような状況であっても結婚するべきではないのです。
元はまったくの赤の他人なのですから、覚悟と、夫となる人との最低限の約束をシビアに交わしておく必要があります。

結婚前から必要なものとは?

結婚し、夫婦として長く続けていくためには、何よりも互いの信頼関係が必要です。
夫のことを一方的に愛し、尽くしてもいけません。

夫から信頼される妻にならなければ、離婚を告げられることもあるでしょう。
信頼関係さえしっかりと築けている夫婦であれば、いざという場合にもその危機を二人で力を合わせて乗り越えることができるのです。

信頼関係を築くためにも、結婚前に、自分のことをすべて夫となる方に知ってもらう努力をしましょう。
ちょっとした問題や癖などを隠したまま結婚をしてしまうと、信頼関係を築くことはできません。

相手も一人の人間であるという認識を忘れずに

ただ、どんなに愛し合っている二人であっても、それが夫婦という特別な関係になったからとはいえ、お互いのことを100%理解するなんてそんなこと絶対にできません。

どんなに長年連れ添った夫婦であっても、相手のことを全部知り尽くすことなんて無理なのです。
特に女性は愛する夫のことを全部理解したい、すべて自分のものにしたいという欲望が先走りますが、そんな考えでは、良き妻となることはできないでしょう。

逆に何もかも束縛したいという思いが夫に伝わると、夫はその環境が窮屈に感じ、いずれ、妻と別れたい、離婚したいという気持ちになることもあるのです。

すばらしい夫婦関係とは、100%すべてのことを知らなくても、相手のことを信じてあげるという努力が必要なのです。
口にしなくても夫のことを信じている、そんな心の覚悟と、強い気持ちで結婚生活を手に入れるようにしてください。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事