menu

離婚回避の方法〜思考法〜

定年後の生活を夫と仲良くし楽しむためには

定年後の生活を夫と仲良くし楽しむためには

熟年離婚という状況は今やそれほど珍しいケースではありません。
家族のため、家庭のためにと、一生懸命働いてきた夫の定年と同時に、熟年離婚に踏み切る夫婦が増えているといわれています。

熟年離婚を決意するのは、男性よりも女性のほうが多いと言われています。
しかし、だからといって妻であるあなたは安心してばかりもいられません。

仕事で家を留守にすることが多かった夫は、これからの老後を妻であるあなたとの時間にあてようとしているのに、家庭内が落ち着かない状況である場合には、夫から離婚を言い渡される可能性もゼロではありません。

特に仕事で家を留守にする時間が多かったり、出張や単身赴任など家族との時間を多く持てなった夫の場合は定年退職を機に家族との時間が増えることで、さまざまな抵抗があると思われます。

離婚を言い渡されず、夫とこの先の老後をゆっくりと過ごすために、どのような工夫が必要なのかを改めて考える必要があります。

夫婦生活には、価値観の一致が必要不可欠

定年退職をきっかけに、熟年離婚をする夫婦の場合に多いのが、価値観の不一致です
一緒に過ごす時間が長くなればなるほど、相手の考えていることや行動、言動が気になるはずです。

その場合、夫婦で価値観が大きく異なっていれば、喧嘩の原因になり、離婚を引き起こす危険性も高くなるでしょう。
夫との関係を悪化させないためには、定年後の夫婦生活をどのように作った方がいいのか、どのように夫に接したらいいのかをしっかりと考えるようにしましょう。

定年後の生活プランについて

夫が仕事を退職し、四六時中生活をともにすると考えた場合、妻であるあなたはどのような生活を送りたいですか。
例えば、定年後たっぷりの時間をかけて日本全国を旅して回りたいという方や、登山やウォーキングなど、同じ趣味を作り、多くの時間を二人で楽しみたいという定年後の夫婦生活のプランを立てる人も多いようです。

中には、それぞれの趣味を尊重し、できるだけ別々の時間を楽しみたい、自由に余生を使いたいという夫婦の形もあります。
それぞれの夫婦によって、そして、夫と妻の立場によっても定年後の生活プランは大きく異なると思いますので、夫に相談する前に、まずは自分自身がどのように過ごしたいのかを考えていきましょう。

それを踏まえたうえで、夫に定年後の生活について、事前に相談をし、トラブルを回避できるようにするといいでしょう。

夫婦の価値観がズレてしまっていたら、どうする?

万が一夫と妻であるあなたの定年後のプランに異なる点が発生したのなら、互いにとって何が幸せなのかを時間をかけて考えましょう。
ただ注意したいのが、自分自身の考えだけを夫に押し付けないということです。

これまで長く家族のためにやりたいことも我慢し、辛い思いをし続けてきた夫の自由な時間がはじまるのですから、できれば、夫の意見を尊重し、その上で、互いの希望を近づけるように努力しましょう。

ただ、考え方があまりにも異なっていては、一向に話はまとまらないと思いますが、その場合は、妻であるあなたがグッと我慢し、夫についていってみてはどうでしょうか。

夫婦仲が悪化するよりもはるかに素敵な定年後の生活が待っているはずです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事