menu

離婚回避の方法〜思考法〜

口にしてはダメ?喧嘩の際の妻のこんな言葉は許さない

口にしてはダメな喧嘩の際の妻の言葉

男性は、女性のちょっとした言動や行動にとても敏感です。
かといって、不快な印象を受けたらからといってその場で指摘したり、反論することもありません。

しかし、その状況が何度となく続けられると、自分にはふさわしくない女性、一緒に人生をともにしたくない、妻として最低だという烙印を押される危険性もあるでしょう。

特に夫婦であるからと安心し、夫に対し、軽率な発言や行動を日々とっている女性は要注意です。
あなたのその軽々しく発したこの言葉によって、夫は離婚を考えている可能性も高いのです。

心当たりがある方は、今すぐ軽率な言動を改善しなければ、夫との関係を悪化させ、離婚は免れない状況になるかもしれません。
ここでは、夫に対し妻が絶対に言ってはいけないNG台詞をまとめてみました。

夫婦喧嘩が悪いとは言いませんが、喧嘩をしているときだからこそ、口にしてはいけない言葉の数々がありますので、注意をしましょう。
特に夫婦生活において、この先の長い人生を同じパートナーとともに歩むのですから、

妻のNG台詞・収入や仕事の事

男性に比べると女性は、とても口が達者で、特に喧嘩の際は、後先考えずに、暴言を吐く人も多いようですが、勢いで言ってしまったその発言が原因で夫との関係が悪化するというケースも少なくありません。

男性が女性に言われる発言は色々とありますが、夫が妻に絶対に言って欲しくない言葉の一つに「大した稼ぎもないくせに」という言動です。
夫だって、自分自身のことですから、それくらい分かっています。

いや、それは妻のあなたよりはるかに、稼ぎが少なく、辛い思いをしているはずなのです。
それを、喧嘩をしている状況下で口にしては絶対にいけないのです。

これと同じように「出世をしてみなさいよ」などなど、夫が汗水流し日々嫌な上司に頭を下げて頑張っている仕事や収入に関する言葉は、絶対に言ってはいけません。

夫のプライドを踏みにじるような言葉は、妻として口にしてはいけないのです。

妻のNG台詞・肉体的なこと

その他にも妻が夫に対し、言ってはいけない発言の一つに体型、肉体的なことがあります。
「ハゲ」や「デブ」、「短足」や「早漏」などです。

事実ではないにしろ、このように男性が悩みそうなことを口にすることは絶対に良い妻とは言い切れません。
逆に妻であるあなたが体型や肉体的なことを悪口として言われたら、どう感じますか?

実際にそれで悩んでいるわけではないにしろ、コンプレックスになりそうな点について、悪く言うことは絶対にしてはいけません。

妻のNG台詞・離婚・別居

夫婦喧嘩で、妻の台詞にもっとも多いのが、「離婚よ」「別居しましょう」という台詞。
本気で離婚や別居をしたいわけでないのに、軽々しくそのような発言をしてはいけません。

本気で離婚や別居を考えている時以外、このような発言を簡単に口にしては、ダメなのです。
なぜなら、言った本人は、本気ではないにしろ、言われた側は、愛情の欠落を感じてしまうことで、そのときをきっかけに二人の行く末について、マイナス思考で考えるようになるのです。

以上のように喧嘩をしているときだからこそ、絶対に言ってはいけないという言葉があります。
妻は喧嘩のあやで口にしてしまったと、後から弁明するかもしれませんが、言われた側は、「そうですか」と簡単に納得できるようなものではないのです。

喧嘩のときだからこそ、相手を思いやる気持ちを忘れないことが、夫婦円満、離婚回避のポイントなのです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事