menu

離婚回避の方法〜思考法〜

夫婦喧嘩回避!ケンカを避ける5つの方法

夫婦喧嘩回避5つの方法

どんな夫婦でもいちどは経験するのが「夫婦喧嘩」です。

しかし、他愛もない夫婦喧嘩もときには別居や離婚の原因になることがあります。

このような夫婦喧嘩を避けるにはどんな方法があるのでしょうか。

思いやりのある言葉で喧嘩回避

夫婦喧嘩を避けるには「思いやりのある言葉」が効果的です。

思いやりのある言葉といっても特別な言葉が存在しているわけではなく、朝の「おはよう」や夕方の「お帰りなさい」、ちょっとしたときの「ありがとう」や「お疲れさま」といった言葉を使えれば充分です。

言い換えると、いつも子供に教えているようなシンプルな言葉が夫婦喧嘩を避けるのに役立つのです。

夫婦喧嘩では勝ち負けは付けない

ついつい夫婦喧嘩をすると「お前が間違っている」や「私が正しい」という点を主張したくなります。

かりに相手が「自分が間違っていた」と認めて謝罪したとしても、そのときは気持ちがスーッとしても実際には問題解決にはなりません。

夫にせよ妻にせよ、謝罪した方は気分が良いはずはなく、「次に喧嘩になったら絶対に相手に謝らせよう」と考えてしまうためです。

夫婦喧嘩は勝ち負けは付けず、何となく仲直りするという形にするのがベストです。

じっくり話を聞いて喧嘩を避ける

夫婦喧嘩が起こるのは片方に何らかの不満があるためです。

片方が不満を言い出せば、当然のことながらもう片方も何かの不満を持ち出してきます。

ここでどちらかが感情的になると、言い争いから夫婦喧嘩になり、挙句の果ては別居だの離婚だのという結果になりがちです。

もしも夫婦喧嘩が発生してしまったら、ここはひとつ腰を落ち着けて相手の話をじっくり聞いてみましょう。

相手への共感で夫婦喧嘩を回避

何かのキッカケで夫婦喧嘩が起こった場合、感情的に突っ走るのはNGという話をしました。

さらに、ここでもうひとつ心掛けておきたいのが、会話のなかに「相手への共感を入れる」ということです。

どんなに夫婦喧嘩が白熱してきたとしても、会話のなかに「確かにそれは理解できる」という要素を入れておくと夫婦喧嘩が危険ゾーンに突入するのを回避することができます。

夫婦喧嘩のキッカケを知ろう

ある調査によると「夫婦喧嘩のキッカケ」のベスト5は、「お金の問題」・「ライフスタイルの違い」・「親族との付き合い方」・「家族に関する考え方の違い」・「買いたいモノの違い」だそうです。

夫婦であっても一心同体でないのは当然のことですが、いろいろな部分で考え方や感じ方に違いあることをしっかり認識して、喧嘩のキッカケを作らないようにすることが重要です。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法


関連記事