menu

離婚回避の方法〜思考法〜

聞き上手は仲良し上手!?「話を聞く」で夫婦喧嘩を回避

話を聞くで夫婦喧嘩を回避

夫婦の喧嘩だけでなく、どんな喧嘩でも内容がエスカレートしていく原因は「相手の話を聞かない」という点にあります。p>

相手の話を聞かない理由は「聞いても無駄だから」や「聞く耳持たない」、「聞けば聞くほど腹が立つ」などさまざまでしょうが、話を聞かなければ理解し合うこともできずお互いの関係は泥沼にはまってしまうのです。

「話を聞く」ってどんな事?

日頃から夫(妻)の話を聞かないでいれば、お互いの考えや思いを共有できず夫婦喧嘩の原因となります。

相手の話を聞くというのは最低限でも相手の発言に耳を傾けるということであり、つまるところ相手に関心を持っているか否かという目安になるのです。

当然のことながら相手に関心がなければ話を聞こうとも思わないわけで、極言すれば「すでに愛が冷めつつある」というケースも見られるでしょう。

つまり、相手の話を聞くということは真剣に相手と向きあうということになりますから、夫婦が理解し合うためには不可欠な行為といえるのです。

「話」を聞けば理解し合える?

いかに夫婦であっても、単に話を聞けば相手を理解できるというわけではありません。

しかし、逆に話さえも聞かないというのであれば、現在の夫(妻)が何を思い何を考えているかさえ理解することができないということになるのです。

夫婦が相手の話を聞かない場合、それは「手抜き」や「無関心」につながっていきます。

さらに恐ろしいのは関心がないというのを通り越して、「どうでもいい」という心境に至ってしまうという点です。

相手に対して「どうでもいい」と思った瞬間、夫婦の関係は崩壊の第一歩を踏み出しているといえるでしょう。

夫(妻)を少しでも理解して良い関係を築きたいと考えているなら、多少の努力はしても相手の話を聞くという姿勢が重要です。

どうやって「話」を聞くべきか

相手の話を聞くといっても、現実には特別むずかしい会話をする必要はありません。

たとえば「今日は暑いね」「今日は寒いね」といった単純な会話でもいいですし、「何だか疲れたなあ」「毎日忙しくて大変だ」といった簡単な感想でも構わないのです。

ここで大切なのは相手が何を思っているのかを知ることであり、かつ自分が何を思っているかを相手に伝えることだからです。

そうして毎日少しずつ思いを伝え合っていくと、次第に「会話をするのが当たり前」という家庭が作られていきます。

普段から会話をしている夫婦はお互いの考え方の方向性を理解できやすいので、喧嘩になりそうになったときでも「これは○○という考え方のせい」や「○○という気持ちで言っているのかな」と類推することができ、喧嘩になりにくいのです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事