menu

離婚回避の方法〜思考法〜

夫が気を付ければ妻との喧嘩を避けられる

夫が気を付ければ妻との喧嘩を避けられる

夫婦喧嘩を避けるために「夫(男性)にできる事」や「夫(男性)が心掛けるべき事」とはどんな点なのでしょうか。

無意味な夫婦喧嘩を回避するために、夫がやるべき事について紹介していきます。

その1・妻の心は理解できないもの

「夫婦といえども元はといえば他人」という言葉があります。

親と子供は血がつながっていますが、夫と妻には血のつながりがないため「他人」という言い方もできるわけです。

この「夫婦は他人」という考え方を基本にして、できる限り妻を理解してみようというのが夫婦喧嘩を避けるポイントといえるでしょう。

簡単にいえば「夫婦は元はといえば他人なのだから理解できなくても当たり前」なわけで、「分かっているつもり」「何となく理解しているつもり」は危険だということです。

その2・分からなければ聞いてみる

「妻は血のつながりがない赤の他人」というと冷たく聞こえますが、この考え方をベースにすると意外に喧嘩が起こらなくなります。

かりに妻が理解不能なことを言い出したとしても、「元は他人なのだから理解できなくても仕方ない」とあきらめることができます。

しかし、夫婦生活をしていくうえで「仕方ない」では済まされない場合もあるわけですが、そのような際は率直に「妻に質問してみる」というのもひとつの方法です。

そのときは事を荒立てず「ごめんね、理解しようと努力しているんだけど今ひとつ分からないんだ。よかったら詳しく話してみて」と言うようにしましょう。

その3・なりきり夫で喧嘩を避ける

日本では優しい男性は「奥さんに頭が上がらない」「あいつは恐妻家だ」などと同性に馬鹿にされる傾向があります。

また夫本人にしてみると、妻に優しくしようとすると照れがあって上手くいかないというケースもあるでしょう。

とはいっても、亭主関白になりきれるほどのタイプでないのなら、ここはひとつ「優しい夫」になりきってみるのもいいのではないでしょうか。

女性はとかく「優しい男性」を好むという傾向があります。

実はこれは、女性の多くは体格や体力などで男性に劣るので、「怖い男性」や「乱暴な男性」を本能的に避ける気持ちがあるためです。

男性の優しさは弱さではなく、女性を思いやる心の強さだということを肝に銘じてください。

ここまで夫婦喧嘩を避けるために「夫(男性)にできる事」や「やるべき事」について紹介してきました。

喧嘩を避けようと心掛けていても、何かと忙しかったり疲れていたりするとイライラして「売り言葉に買い言葉」となることもあるでしょう。

もしそうなれば夫婦であっても喧嘩になるのは必然なわけですが、後で振り返ってみると思いがけず原因が思い出せなかったりするものです。

言い換えれば、ごくごく「つまらない事」で夫婦喧嘩が起こっているということであり、非生産的な行為であることは明らかなのです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事