menu

離婚回避の方法〜思考法〜

妻が感情をコントロールすれば夫との喧嘩も減る!

妻が感情をコントロールすれば夫との喧嘩も減る

夫婦喧嘩を避けるために「妻(女性)にできる事」や「妻(女性)が心掛けるべき事」とはどんな点なのでしょうか。

無意味な夫婦喧嘩を回避するために、妻がやるべき事について紹介していきます。

その1・絶対に感情に走らない

よく「女性は感情的な生き物」といわれますが、当の女性から見ると何となく納得いかないという人もいるでしょう。

実はこの「女性は感情的だ」といわれる理由は、「男性は理論的だ」の裏返しなのです。

もちろん、すべての男性が理論的だというわけではなく、むしろ「男性は理論的に行動しようと努力している」といった方が正しいでしょう。

原始時代の昔から現代まで、男性の多くは外に出て獲物やお金などの生活物資を得る生活を続けてきました。

獲物やお金を獲得するためには感情的になるとマイナス点が多かったため、できる限り理論的に行動するというクセがついているのです。

そうした男性に対して感情で何かを言っても受け入れてもらえることは少なく、「女性側が空回りする」という結果が出やすいのは当然のことでしょう。

その2・女の涙は武器になるのか

夫婦喧嘩というと「女の涙」がつきものですが、はたしてこの「涙」は武器になるのでしょうか。

結論からいえば「ほとんどの場合で涙は武器にならない」というのが正解です。

たとえば子供を叱っているとき、小言の途中で子供が泣き出したとしたらお母さんはどう感じるでしょうか。

実際問題として「泣いているから許してやろう」と考えるかというと必ずしもそうではありません。

むしろ相手が泣き出したことによって怒りが増したり、「何を言っても無駄なのかもしれない」と感じてしまうのではないでしょうか

その3・喧嘩は一歩譲れば妻の勝ち

夫(男性)の心情のなかには「女と喧嘩するのはカッコ悪い」という要素があります。

職場で上司と喧嘩するのはカッコイイかもしれないが、家庭で妻に対して口角泡を飛ばして喧嘩をするのは避けたいというのが男性の本音です。

しかし、「男として売られた喧嘩から逃げたくない」という気持ちもあり、なかなか自分が折れるという方法が取れないのが実情かもしれません。

そこで妻(女性)が一歩譲ることにより、形としては妻が負けたということにしてあげるのも夫婦喧嘩を避ける効果的な方法といえるでしょう。

もちろん、夫婦関係の重要な問題で譲る必要はありませんが、ささいな喧嘩なら「譲ってあげる」という心の余裕を見せることも重要なポイントとなります。

「夫婦喧嘩は一歩譲ったら妻の勝ち」という言葉を覚えておいてください。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事