menu

離婚回避の方法〜思考法〜

おしどり夫婦になれる夫婦円満の7つのコツ

おしどり夫婦になれる夫婦円満の7つのコツ

夫婦は「出雲の神の縁結び」といわれるように、縁あって出会った二人が結ばれて夫婦になるわけですから末長く円満で暮らしたいものです。

ここでは、その夫婦円満のための7つのコツについて紹介していきます。

1.夫婦で隠し事をしない

夫婦で隠し事をしないというのは意外にハードルが高いものです。

相手を思っての隠し事や言うに言えない隠し事など、悪意のない隠し事もあるかもしれませんが、何かを隠す事によって夫(妻)の信頼を失い不仲になるという例もあるので注意しましょう。

2.相手に干渉しすぎない

愛があればあるほど、ついつい相手に干渉しすぎるケースが多いようです。

しかし、夫婦が長年円満に暮らすためには、適度な干渉を心掛けることが重要です。

「過ぎたるは及ばざるが如し」の気持ちで、干渉し過ぎは控えるようにしましょう。

3.恋人気分を忘れずに

年齢や結婚期間に関わらず、いつまでも恋人気分は忘れないようにしたいものです。

たまには夫(妻)をドキドキさせたり、二人で独身時代のようにデートしてみてはいかがでしょうか。

4.上手な夫婦喧嘩はOK

夫婦喧嘩は犬も食わないといいますが、深入りしすぎなければ喧嘩もOKです。

ただし、あくまで相手への配慮を忘れず、引き際を間違えないように注意しましょう。

たわいない喧嘩もやり過ぎれば不仲の原因となります。

5.親族の問題は踏み込まない

よくある「嫁姑」の問題だけでなく、お互いの義父母・兄弟姉妹・親族に関する問題は、夫婦円満の妨げになることがあります。

長い夫婦生活のうちには親族に対する不満も出てくるでしょうが、夫(妻)の親族だということを忘れず、踏み込み過ぎないようにしてください。

6.夫婦のスレ違いを解消

仕事や子育て、親の介護などで忙しいと夫婦もスレ違いがちになります。

理由は何であれスレ違いが重なると別居や離婚に発展してしまうケースも見られます。

小さなコミュニケーションを工夫して、二人の心が離れてしまわないよう注意しましょう。

7.不満の表現は明るく

夫(妻)への不満はあるでしょうが、もし相手にそれを伝える場合はあくまで明るく表現してください。

あまり不満を溜め過ぎて限界まで我慢してしまい、ある日突然爆発するのでは大問題になってしまいます。

相手への不満は明るくユーモアを交えて伝えるようにしましょう。

次点.お金の問題では揉めない

夫婦であっても揉め事になりやすいのが「お金の問題」です。

お金で揉めると不満が心の底に溜まりやすく、いずれ表面に浮上して大きなトラブルになります。

もともと夫婦は他人ということを肝に銘じ、間違ってもお金で揉めないようにしてください。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事