menu

離婚回避の方法〜思考法〜

旦那と奥さんの為の離婚しない「5つの魔法のことば」

離婚しないための5つの魔法のことば

夫婦が離婚危機に至ってしまう原因はひとつではありません。

浮気や不倫の問題、お金の問題、子供の教育の問題、両親や親族の問題、仕事や家事の問題等々、挙げればキリがなく離婚危機の要因は潜んでいます。

しかし、そのすべてを完璧に防ぐことはむずかしいとしても、日々の生活のなかで離婚に至らないための工夫や気遣いはあります。

ここでは、夫婦が離婚に至らないための「5つの魔法のことば」を紹介していきましょう。

その1・『ありがとう』

『ありがとう』は、誰から誰に対しても使える「魔法の言葉」です。

夫から妻へ、妻から夫へも、出し惜しみしないで日常的に使ってみてはどうでしょうか。

ただし、単に機械的に「ありがとう」と言ったのでは相手に気持ちは伝わりません。

機械的に「ありがとう」と言ったり、ほかのことに気をとられて上の空で「ありがとう」を100回言っても意味はないでしょう。

1日1回でもいいので、心をこめて相手の眼を見つめ「ありがとう」と言ってみてください。

その2・『おはよう』

『おはよう』は1日のスタートにふさわしい「魔法の言葉」です。

昨晩どんなに喧嘩をしたとしても、朝になったら心を切り替えて「おはよう」と言いましょう。

ただし、この「おはよう」を言うときは相手の顔を見て、しっかり挨拶するようにしてください。

何かをしながらついでに「おはよう」と言うのでは良い効果は得られません。

その3・『ただいま・おかえり』

『ただいま・おかえり』は、1日の仕事が終えたときに交わす「魔法の言葉」です。

この言葉には「今日も1日頑張ったよ」・「今日も1日お疲れ様」という意味が含まれています。

昔の人々は朝家を出て夕方に家に戻るまで、「果たして無事に帰ってこられるのかな」という危機感を持って生活していました。

そう考えると、現代人は「無事に帰ってくる」ということの大切さを忘れているような気がします。

その4・『ごめんなさい』

『ごめんなさい』は人と人が交わす重要なコミュニケーションの「魔法の言葉」です。

子供のいる人は、いつも「悪いことをしたらゴメンナサイって言うんだよ」と教えていると思います。

それは大人になっても何ひとつ変わることはありません。

面倒だ、照れくさい、言わなくても分かるだろう…とは考えず、ひと言でもいいので心をこめて「ごめん」と言ってみてください。

その5・『いいね』

『いいね』は相手の心に優しく寄り添う「魔法の言葉」です。

夫(妻)が何かを提案したら、まず「いいね」と言ってみましょう。

反対意見があれば「いいね、でも…」というように穏やかに付け加えればいいのです。

まずは相手の意見に同意し、優しく寄り添う心を表現することが重要です。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法


関連記事