menu

離婚回避の方法〜思考法〜

夫(妻)離婚をしたくない人必見!離婚で後悔している3つの事

離婚で後悔している3つの事

離婚に踏み切る夫婦の間には、それなりに理由があります。
ただ、幸せになるための離婚など存在しません。

確かに離婚によって清算される苦痛があるかもしれませんが、失うものの方が大きいということを理解しておきましょう。
夫や妻との関係が修復できないからといってすぐに離婚を決断するケースもありますが、それで本当に大丈夫なのでしょうか。

本当なら離婚を回避し、夫婦で手と手を取り合いさまざまな困難を乗り越えなければいけないはずなのです。
離婚をすることは簡単です。

しかし離婚して後悔しないため、そして、本当に離婚という選択が正しいのかどうかをもう一度考えてみるためにも、一度立ち止まってみてはどうでしょうか。

そして夫婦関係の修復のために、今何をすべきなのかを考えてみましょう。
ここでは、離婚を経験した方が離婚後に抱える4つの「後悔」から夫婦関係修復や離婚回避のヒントを探っていきます。

苦痛から逃れるため、幸せをもう一度つかむために選んだ離婚後はどのような生活が待っているのでしょうか。
離婚後の現実を把握してください。

その1・仕事

離婚後特に深刻になるのが、女性の経済的な自立です。
特に子供を抱えて離婚をする女性にとって、安定した収入を得られる仕事を見つけることができるのか、というのが一番の問題点となります。

専業主婦として長く家事や育児に専念してきた女性の多くは、離婚後の生活苦に後悔しているといわれています。
事実、一人親世帯の貧困率は、全体の半数以上という数字から見ても、いかに母子家庭の家計が圧迫されているのかを知ることができます。

離婚後の生活がどうなっているか互いの立場になって考え、出来る限り離婚を回避する方向へ持っていけるようにしましょう。

その2・親権

子供を抱えている夫婦が離婚を回避できず、別々の生活をすることになると、当然子供は離婚後どちらか一方の親と生活をしなければなりません。

それを、幼い子供に選択させる事事態、すでに子供の将来に悪影響となっているはずなのですが、子供を取り巻く環境の悪化はそれだけにとどまりません。

通常子供の親権は、経済的な面から考え父親の戸籍にし、監護権者を母親、つまり一緒に生活をするのが母親となるでしょう。
母親は、形だけでも子供と一緒に生活を続けられるということでひとまず安心することはできますが、親権は父親にあることに変わりはありませんので、いつ何時子供を強制的に連れて行かれるか常にひやひやした状態にあります。

法的に立場の弱い母親と、権力の強い父親との目に見えない関係性の中で成長していく子供にとってこんな居心地の悪いものはないでしょう。

また子供の成長にとって、母親も父親の存在も絶対的に必要だということを忘れないようにしましょう。

その3・孤独

離婚後、また新しいパートナーを見つけることができれば、何もずっと一人で生活する必要はありません。
しかし、現実はそう甘くはないのです。

一度つけられてしまったバツの重みは思った以上に高く、次のパートナーを見つける邪魔をするでしょう。
そのため離婚後一人で寂しく生活をするというケースも多いようです。

女性は、家計を安定させるため昼夜働きづめの生活、夫は、これまで周りをのをすべてしてくれた妻がいないことから、突然洗濯や料理そして仕事を両立することなった極度のストレスから体調を崩し、仕事をやめてしまうケースも多いといわれています。

一度は愛した人が、最後の瞬間孤独だったなんて想像するだけで本当に悲しいですよね。
せっかく出会った唯一のパートナーなのですから、離婚を回避し、夫婦仲を修復する方向に全力を出し切ったほうが良いのかもしれません。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事