menu

離婚回避の方法〜思考法〜

離婚と子供の養育費について

離婚と子供の養育費について

昔から「子はかすがい」という言葉がよく使われます。

これは夫婦仲の悪いカップルであっても、子供のことを考えるとなかなか別れることはできないという意味です。

「かすがい(鎹)」とは、家などを建てるときに木材同士をつなぐための釘を指し、子供の存在が夫婦をつなぐということを表わしています。

しかし、もし夫婦が離婚するという場合には、その「かすがい」である子供の養育費の問題が発生するわけです。

子供の養育費とは

夫婦仲が悪化して離婚するとなると、もう相手の顔を見るのもイヤになって「夫(妻)には1円も払いたくない」と考えてしまうかもしれません。

かりに配偶者に対して強い怒りや不満があっても、子供に対しては親としてしっかりしたサポートを行なう義務があります。

ここで必要になってくるのが、離婚しても支払うべき「子供の養育費」です。

子供の「養育費」とは、未成熟の子供を養育する(養い育てる)ために必要な費用を指しています。

養育費は何歳まで払うべきか

離婚後の子供の養育費に関しては、「子供が○○歳になるまで支払う」という明確な決まりはありません。

一般的には「子供が学校を卒業して社会人になるまで」または「子供が成人するまで」が目安で、高卒であれば18歳まで、短大や大学へ進学すれば20~22歳までということになるでしょう。

もちろん、これはケース・バイ・ケースであり、中学を卒業して就職した場合、専門学校に進学した場合、大学院に進学した場合、大学浪人や留年した場合はどうなるかなどは個々の例によって異なってきます。

学校を卒業して就職するまでというと、養育費と学費は別なのかと思う人もいるかもしれませんが、特に分ける必要がある場合を除いて「養育費」として一括で支払うと考えればいいと思います。

いずれにせよ、子供が自立して生活できるまで支払うのが「養育費」ということになります。

養育費の計算方法

子供の養育費の計算方法には次のような種類があります。

  • 実費方式…子供の養育に必要な実費を基準に計算する
  • 標準生活方式…標準世帯の家計費を基本に計算する
  • 生活保護方式…生活保護基準額をもとに計算する

ただし、夫(妻)の生活力や資産規模によって養育費の額は変わってきますので、すべてのケースで上記の計算方法が当てはまるとはいえないようです。

夫(妻)の負担額の割合は、「収入の比率」・「生活の余力度」・「生活レベル」によって決められるケースが一般的です。

つまり、夫婦が離婚したとしても、その資産や収入に応じて子供の養育費は負担する義務があるということになります。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法


関連記事