menu

離婚回避の方法〜思考法〜

彼女や妻・女性に振られない5つの方法

彼女や妻・女性に振られない5つの方法

世の中に「女性に振られない方法があったら教えてほしい」と思っている男性は少なくないかもしれません。

当然のことながら女性といっても、一人の人間であり、個人個人によって生き方や考え方は異なっています。

そうした女性の個人差を考慮すると「絶対に振られない方法」というのは存在しないといえるでしょう。

しかし、「女性全般」という視点で見たときには、「女性に振られない為の方法」というのは必ず存在しているのです。

ここではそんな視点から『女性に振られないための5つの方法』について紹介していきます。

その1・愛情表現は優しく心地よく

男が本気で女性を愛しているのなら、その気持ちは必ず相手に通じます。

ただし、本気の愛情といっても、単に押し付けがましいだけではストーカーと変わりません。

ここで大切なのはその気持ちを100%ぶつけるのではなく、「相手を優しく包むような心地良い愛情」として表現するということです。

その2・本心を語る姿勢を見せよう

女性は男性から「実は、俺は…」と打ち明け話をされるのを好みます。

なぜなら、打ち明け話をする男性に対して女性は「私には心を許している」「いつも本心を話してくれる」と感じるからです。

もちろん、何から何まで真実を語る必要はなく、本心を語る姿勢を見せることが大事なのです。

その3・押すだけの行動ではNG

男性のなかには「女性は押せば押すほどいい」と勘違いしている人がいます。

カップルや夫婦になる前ならそれでも構わないかもしれませんが、すでに付き合っていたり、結婚生活に入っているなら押し過ぎはNGです。

相手と対話する姿勢、相手の意見を聞く姿勢がなければ女性とは上手くいきません。

その4・適度なバランスがポイント

夫婦やカップルであっても、いつもベタベタしているわけにはいかないものです。

心底から仲が良いのなら、ベタベタやイチャイチャも楽しいでしょうが、それでは二人の関係が長続きしないことが多いようです。

女性に対しては適度に構ってあげることも大事ですが、ときには距離を置いて自由に行動させてあげるのも上手くいくコツといえるでしょう。

その5・最後の決め手はやはり誠意

誠意がないのに言葉や行動ばかりを飾っても、女性とは上手くいきません。

女性は本能的に「この男性には誠意(真心)」があるかないかを見極めてしまいます。

夫婦やカップルが上手く長続きするためのポイントとなるのは、「相手を思う気持ち」や「自己中心的にならないこと」です。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事