menu

離婚回避の方法〜思考法〜

男性が振られた例「自分はこの理由で振られた」

男性が振られた例・自分はこの理由で振られた

男性が女性に振られる理由をひと言で説明する事はむずかしいものです。

しかし、振られてしまうからには何らかの理由は存在するわけで、まったく原因もないのに振られたという人はいません。

ここでは男性が振られた理由について事例を紹介しつつ、振られない為の対策を見ていきましょう。

遠距離恋愛で振られたAさん

ラブソングでもテーマになる事がある遠距離恋愛ですが、男性が振られるケースも少なくないようです。

夫婦の場合でも男性が単身赴任しているあいだに奥さんの心境に変化があって振られた(離婚した)という例もあります。

遠距離恋愛で振られる原因は「第1位・他に好きな人ができた」、「第2位・さびしいのがイヤになった」、「第3位・お金の問題」となっています。

どれもうなずける理由ばかりですが、男性側からすると納得できないと考える人もいるでしょう。

Aさんの場合は単身赴任中に妻に好きな人ができて別れにつながったのですが、「もっとコマメに連絡したり会いに帰ればよかった」と後悔しているようです。

妻に他に好きな人ができてしまった原因も、さびしさが元になっていたそうで、会いに帰れないまでもメールや電話を頻繁にする必要があったといえるでしょう。

女性はさびしさに弱いので、遠距離だったり忙しいからといって構わないでいれば振られる要因となります。

性格が真面目過ぎて振られたBさん

「恋人や夫にするなら真面目な男性がいい」とはいうものの、何事にも限度というものがあります。

真面目イコール几帳面であったり、融通がきかないといった行き過ぎがあると女性に振られる元となる事が多いのです。

ほとんどの女性は細か過ぎる男性を嫌いますので、もし自分が真面目な性格であるという自覚があるなら多少改善してみる必要があるでしょう。

Bさんの場合も真面目なサラリーマンで妻や子供を大切にする性格でしたが、あまりに真面目過ぎて気持ちに余裕がなく、家族に対して厳しい一面がありました。

そのせいか、いつも妻には「真面目過ぎてイヤ」と言われ、子供たちにも「お父さんは苦手、話しにくい」などと言われていたのです。

その程度の批判なら問題はなかったものの、子供が成長して思春期になる頃にはBさんと家族のあいだには深い溝ができていて、遂に離婚という結論が出てしまいました。

大切に育てていたはずの子供たちからも、「離婚したお母さんといっしょに暮す」と言われてしまい、結果的に孤独な生活を強いられてします。

真面目なのは美徳ですが、行き過ぎれば良い結果を生まないという例でしょう。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事