menu

離婚回避の方法〜思考法〜

離婚しても後悔しそうなタイプ

離婚しても後悔しそうなタイプ

離婚は男性・女性問わず不幸な出来事といえるものです。

しかし、縁あって結ばれた夫婦も何らかの原因があれば別れる事があるのも周知の事実でしょう。

そうした離婚に際して、前向きに対処して新しい人生を歩んで行けるタイプと、残念な事に未練や後悔でいっぱいになってしまうタイプの人もいます。

では離婚しても後悔しそうなタイプには、いったいどのような人がいるのでしょうか。

過去の事ばかり考えてしまうタイプ

離婚は幸せな出来事ではないものの、新たな人生を歩み出す第一歩にもなる機会です。

しかし、離婚してもいつまでも過去の事ばかり考えてしまう人は、後悔や未練で頭がいっぱいになって新たな人生に向かって行く事はできません。

確かに新婚当初や子供が誕生した頃などは幸福感で満ちていて、離婚後に思い出すと「あの頃は幸せだったのに…」と考えてしまう事もあるでしょう。

といっても、すでにそれは過去の出来事であり、何をいっても時間を昔に巻き戻す事はできません。

過去の事は過去の事と割り切れないのなら、もし離婚しても後悔してしまうタイプという事になります。

夫婦の思い出のアイテムを捨てられないタイプ

新婚当時の思い出の写真や結婚披露宴の記念写真、夫婦で旅行したときのお土産、誕生日に夫(妻)からもらったプレゼント、結婚指輪や婚約の品など、夫婦の思い出アイテムを捨てられないタイプは、離婚しても後悔する可能性の高い人です。

思い出の品には幸せな記憶が伴っているかもしれませんが、現実には離婚していて夫(妻)は自分の横には存在していません。

大切な思い出の品は思い切って捨ててしまい、新しいスタートを切るという決意がないと後悔ばかりで新たな幸せはゲットできないでしょう。

仮に思い出アイテムを捨てられないタイプなら、離婚の危機になったときには極力「別れない」という決断をすべきです。

もっと相手を大切にすればよかったと思うタイプ

離婚する理由は人それぞれですが、なかには「夫(妻)をもっと大切にすればよかった」と考えて後悔してしまうタイプの人もいます。

その後悔に明確な理由があるのなら仕方がありませんが、ごく普通に常識の範囲で接していたにも関わらず「もっと○○してあげるべきだった」や「自分が○○しなかったから」などクヨクヨしているようでは意味がありません。

仲の良い夫婦でも常に相手に構ってあげたり、相手の状態をよく観察して適切な対応をしてあげられるとは限らないからです。

当然の事ですが、夫(妻)の心を察して何かをしてあげられなかったとしても、それを離婚後に後悔しても手遅れと言わざるを得ません。

そうした後悔は反省に替えて、新しい恋人を探したりお付き合いをするときの参考にしましょう。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法


関連記事