menu

離婚回避の方法〜思考法〜

3年目は要注意!恋愛ホルモンが夫婦の危機を救う?

恋愛ホルモンが夫婦の危機を救う

男女関係の危険なシグナルを感じる時期に例えられる「3」という数字。
「3年目の浮気ぐらい多めにみてよ!!」というあれですよね。

確かに3年目を境に別れている夫婦やカップルは多いように思われます。

なんで3年目なの?

では、なぜ3年目といわれているのか?
その理由やメカニズムを理解することで、離婚の危機を上手に回避できるかもしれません。

それは哺乳類にあるあるホルモンが関係しているといわれています
人は、恋に落ちると脳内にあるフェニルエチアミンといわれる脳内化学物質の分泌量が増えるといいます。

この物質が増加すると興奮、陶酔といった一種の幻覚作用が起こり、それにより目の前の人を強く愛することができるとされています。

しかし離婚しかけ、まさに危機に瀕している夫婦の脳内では、この物質の分泌量が異常に低下していることが分かっているのです。
しかも、この物質の分泌は、約2年から3年程度しか持続されないといわれ、減少が著しくなった4年には、ほぼ男女間の間にある愛の感情や興奮度が沈静化された状態にあるのです。

出会ってからフェニルエチアミンの過剰分泌により興奮、陶酔状態が約2,3年継続した後は、徐々に減少、すると相手に対する恋愛感情が次第に弱くなるのです。

チーズは3年目の浮気を予防する?

では、3年目に浮気や心変わり、相手に対する恋愛感情の低下を防ぐことはむしろ不可能なのかというとそうではありません。
2年から3年目にかけてホルモンが減少するのであれば、意図的にそのホルモン分泌を活発にさせるよう努力するといいのです。

例えば、別名ときめきホルモンとよばれるフェニルエチアミンは、恋愛の初期の段階で多く分泌されるといわれています。
性欲向上や食欲減退、眠気解消や集中力の向上効果の高いこのホルモン分泌によって、恋愛をしている女性は特に美しくなるとも言われている物質でもあるのです。

この物質を出来る限り多く分泌し続けるためには、チーズをバランスよく摂取するようにしましょう。
なんとチーズには、この物質を多く含んでいるといわれていますので、特に減少傾向が著しい3年目を目安に計画的に摂取するのはいかがでしょうか。

夫(妻)がダメならターゲットは芸能人

フェニルエチアミン以外にも数多くの恋愛ホルモンと呼ばれる物質があります。
例えば脳内麻薬と呼ばれるドーパミンやハピネスホルモンの別名を持つエンドルフィン、この物質は、天然の鎮痛剤とも言われており、その効果はモルヒネの6倍。

免疫機能も高め、美容や健康維持にも大変効果的なのです。
本当に信頼できるパートナーに出会ったときに分泌されるといわれていますが、誰しも恋をするとものすごく強靭な肉体が持てるのかもしれませんね。

ただ、3年目に近づくにつれ、どうしても夫(妻)に対する感情が薄れ、ホルモン分泌を活発に出来そうもない場合は、ターゲットを芸能人にしてみてはどうですか?

なんとこれらの恋愛ホルモンは、芸能人を好きになるだけでも分泌されることが分かっているのです。
現物でなくてもいいのです。

手の届かない存在であるアイドル、イケメン俳優などに憧れを抱くだけでも分泌されるといわれていますので、浮気をするよりもはるかに罪が軽いのかもしれませんね。

しかも心の中だけでとどめておくことで、妻や夫に知られることもなく、恋愛ホルモン分泌を持続できるのですから、良好な夫婦関係を長く持続できるのではないでしょうか。

離婚の危機を回避するためには、常に誰かに恋をしていなければいけないということなのです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事