menu

離婚回避の方法〜思考法〜

夫婦円満の秘訣はこれ!離婚を防ぐ特効薬は「距離感」

離婚を防ぐ特効薬は距離感

離婚を回避し、夫婦円満を保つ方法としてよく言われているのが、相手の気持ちに寄り添う、気持ちを理解するといったことが上げられています。

しかし、夫婦といえ、男と女。
歩み寄るだけでは、その関係を長く続けることはできないでしょう。

時として「離れる」ことも重要

離婚を回避するためには、「歩み寄ってなんぼ」という考え方が常にあるように思われますが、実は離婚を回避する方法は、「離れる」ということも重要な術なのです。
夫婦として、そして男女として、いつまでも良い関係を保つためには、適度な距離感を作ることが必要です。

しかし、夫婦の間でできる適度な距離感とは、具体的にどのような事なのかを考えていきましょう。
夫婦である以上同じ屋根の下で、生活をするのですから、常に同じ顔ぶれで接しているのが当然、しかし時々意味もなくイラついたり、腹が立つこともあるはずです。

それだけでなく、一緒の時間が長くなればなるほど、その関係に「慣れ」が生じ、倦怠期を迎えることもあります。
このような状況は、いずれ夫婦関係に亀裂を生じさせ、離婚という状況を作りかねません。

だからこそ、時々は、まったく違う場所で、別々の楽しみを見つける必要があるのです。

趣味を通して仕事や家庭以外の場所を作る

夫や妻、それぞれの趣味を尊重することがまず重要です。
そして時々は、まったく別々の環境で、それぞれの趣味を愉しむようにしましょう。

例えば、女性の場合、定期的に開催される女子会に参加したり、お稽古事を習うなど趣味の時間を持つようにしましょう。
男性の場合は、釣りやスポーツなど、様々な愉しみ方があるはずです。

離婚を回避できる夫婦円満の秘訣は、夫(妻)以外に気心の知れた友人関係を築き上げることも重要です。

一人の時間を楽しめる自分になろう

若い人に多いのが、夫やカレが、友達であって家族であって、親友であってと必ずその人でなければいけない、その人を中心として生活を送っているという状況です。

つまり、どんなときでも夫(妻)が一緒でなければならないということ。
一緒にいたいと思っている側は、いいかもしれません。

しかしもう片方の気持ちはどうでしょうか。
時々は友人と映画を見たり、ショッピングを楽しみたいと思っているはずなのに、束縛されていることから、自由に自分の時間を使うことができない。

そんな窮屈な時間をこの先ずっと続けなければいけいないのかと考えると、きっと途中で息が苦しくなるかもしれません。
束縛する傾向にある妻(夫)は、自分ひとりの時間を楽しむことができないのです。

友人もいなければ、趣味もない、とにかく夫(妻)がそばにいてくれなければどう過ごしていいのかさえ分からないのです。
これでは遅かれ早かれ束縛されている側から離婚という三行半を突きつけられるのは間違いありません。

離婚を回避し、二人の関係を修復するためには、とにかく、自分もそして相手も、それぞれ一人の時間を楽しめなければいけません。

読書や映画鑑賞、音楽を聴いたり、ウインドウショッピングや近くの図書館に足を運ぶのもいいでしょう。
一人でのんびりとした時間を過ごせることは、とても素敵なことです。

時々離れてみると、日常生活がまた違った雰囲気で楽しむことが出来るのです。
何十年と一緒に生活していく夫婦なのですから、二人が居心地が良いと感じる場所を作る努力をしなければいけません。

つかず離れずが愛を長続きさせる秘訣なのです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事