menu

離婚回避の方法〜思考法〜

3つの行動で壊れてしまった夫婦関係を修復する

3つの行動で壊れてしまった夫婦関係を修復する

どうしても離婚を回避したいのであれば、焦ったり、泣きわめいている暇はありません。
離婚の危機にある場合、少しでも回避するタイミングを後伸ばしすると、状況はさらに悪化します。

まずはなぜ離婚という問題になるまで放置したのか、なぜそこまで発展したのかなど、ここにいたるまでの経緯を冷静に整理する必要があるでしょう。

離婚を言い渡されたり、離婚という雰囲気が漂っている場合、ただ単に離婚はしたくない、離婚を回避したいと突っぱねても、何の解決にもなりません。

大人気ない態度をとるのではなく、今やるべきことをひとつずつ解決するようにしましょう。

離婚を回避するための行動1:信頼関係を取り戻そう

まず必要なのは、なぜ離婚という最悪の状況になるまで夫婦の関係が壊れてしまったのかを冷静に考えて見ましょう。
異なる性格と育ってきた環境が違う二人が夫婦生活を営むのですから、お互いに対する不満がひとつもないなんてありえません。

それでもこれまでひとつ屋根の下で生活をしてきたわけですから、目には見えない強い信頼関係が作られているはずです。
結婚後長く関係を保ち、夫婦仲良く生活をしている男女は、その信頼関係が強く、たとえ辛く厳しい困難が二人の目の前に立ちはだかってもその絆で乗り越えているはずなのです。

つまり夫婦の離婚という危機を、二人でもう一度手をとり乗り越えるためには、壊れてしまった信頼関係を取り戻すことが必要です。
離婚の危機に直面している夫婦は、築き上げてきた絆が切れかかっており、バランスを崩しているもかもしれませんね。

その信頼関係を取り戻すことができたら、もう一度夫婦としての関係性を取り戻すことができるはずです。

離婚を回避するための行動2:自己分析をしよう

信頼関係や絆が壊れてしまった原因を突き止める前に、自分自身をもう一度分析しましょう。
相手から信頼されないような人間になってしまったのか、相手を傷つけるような行動をとっているのか、結婚前と結婚後での態度に違いがあったのかなど、考えられる部分はいろいろとあるはずです。

離婚を回避するためには、相手に非を求めるのではなく、自分自身の非を見つけ、それをあたらめる事が離婚回避の第一歩なのです。

ただ自分自身が大きく変るだけでは、いけません。
次に必要なのは、離婚を要求している側の声に耳を傾けられるようにしましょう。

相手の気持ちを動かしたいのであれば、自分自身を変え、そして相手の気持ちをすべて受け入れるといった準備が必要です。

離婚を回避するための行動3:第三者に相談しよう

さまざまな努力をして、相手の気持ちに向き合いたいと思っても、関係がすでに壊れている夫婦がそれを実現するのは、とても難しい場合もあります。

二人だけでは、どうしても離婚の危機を回避する一歩を踏み出せない、冷静な話し合いを進めることができないという場合には、無理をせず、第三者の協力を求めましょう。

二人だけで無理やり話し合いをすることで、離婚回避が出来る可能性もすべて潰してしまう危険性もあります。
片方が冷静に対応しようとしても、もう片方が感情的な場合でも冷静な判断を求めることは難しくなるでしょう。

離婚を回避する方法として、夫婦共通の友人や離婚相談のプロの方を介入させるのもひとつの方法といえます。
双方の意見を冷静に聞き入れ、それを判断し、解決に導くことも期待できるのではないでしょうか。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事