menu

離婚回避の方法〜思考法〜

倦怠期を乗り越え離婚危機を回避する方法

倦怠期を乗り越え離婚危機を回避する方法

この人となら何があっても大丈夫、ずっと愛し続けられるなんて大勢の人の前で誓ったはずなのに・・・。
そんなこと絶対に無理と思っている人多いのでは?

ダイハードやスピードのように超スリリングな事件に巻き込まれることもない、子供もいないし、夫や妻に不満があるわけでもない、かといって心が満たされることもない。

あれ?もしかすると夫や妻のことを好きなのか嫌いなのかさえ分からなくなっている!という場合が、きっとどんな夫婦にもあるはずです。

それこそがまぎれもない「倦怠期」の兆候なんです。
倦怠期は、どんな男女関係にも必ず訪れます。

普通は、自然と倦怠期を抜けることができますが、中には、なかなか変な雰囲気を壊すことができず、会話が減り、互いの存在を必要としない気持ちが芽生えたり、近年増加しているといわれている家庭内別居や離婚の危機といった状況を招きかねません。

倦怠期を乗り越え、夫婦の関係を修復し、元の関係を取り戻すために、何が必要なのかを考えましょう。

ポイントその1 ・何事も初心が大事

倦怠期を乗り越え、離婚の危機を回避するためには、出会った当時の二人を思い出しましょう。
夫婦関係においても初心に帰ることは、とても重要です。

妻を、夫を大好きだと思っていた自分をもう一度思い出しましょう。
きっと別の人ではなく、この人でなければダメだと感じていた何かがきっと思い出せるはずです。

ポイントその2 ・手料理を作ろう

家事は妻の役割であるのが、一般的ですが、最近では、共働きの場合、家事を分担しているところも少なくありません。
いずれにせよ、店屋物やスーパーのお惣菜ではなく、手料理を作るようにしましょう。

夫婦二人だと、作るよりも出来合いのものを買ったほうがお得という方もいることでしょう。
しかし、温かく愛情のこもった手料理は、胃袋だけでなく、疲れた心も体も癒してくれる何よりの処方薬なのです。

ポイントその3 ・話をちゃんと聞こう

相手の話すことを聞き流していませんか?
テレビを見ながら夕食をとるのではなく、食事のときくらい、ちゃんと相手の声に耳を傾けるようにしましょう。

倦怠期を迎える夫婦の多くは、会話が少なく、相手が何を考え、何を思っているのかさえ分からなくなっているといいます。
だからこそ、どんな方法で、倦怠期を乗り越え、離婚の危機を回避したらいいのかまったく分からなくなっているのです。

ポイントその4・時々デートしよう

いつもワンパターンな生活をおくるのではなく、自ら新しい場所に出向くことも必要です。
週末やお休みの日を利用して、時々外で食事をとったり、ご近所の本屋さんや公園に二人でぶらぶらとデートをしましょう。

無理をして会話をしなくてもいいのです。
時々、新しい環境に身をゆだねるだけで、自然と楽しい会話とコミュニケーションを図ることができるはずですから。

ポイントその5・刺激的なDVDを鑑賞しよう

倦怠期にある夫婦は当然、夜の営みが少ない、もしくはマンネリ化している傾向にあります。
離婚の原因の一つにセックスレスがあるくらいですから、夫婦関係を修復するためには、無視はできません。

時々は雰囲気を変えてみてはどうでしょうか。
互いのプライドが邪魔する場合は、刺激的なDVDを一緒に鑑賞するだけでもいいのです。

女性の場合は、いつもとは違った大胆な下着を身につけるのもおススメです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事