menu

離婚回避の方法〜思考法〜

夫婦関係を改善する円満調停とは?

夫婦関係を改善する円満調停とは

実は破綻しかけている夫婦の関係を修復し、円満に戻すために行われている調停があることを知っていますか?

離婚調停とは

一般的に耳にする離婚調停とは、「離婚を前提」にしている法的な手続きだと思っている方は多いのではないでしょうか。
しかし、それは多くの方の先入観であって、夫婦の関係を元の状態に戻す、つまり離婚の危機を回避するために行われている離婚調停も存在するのです。

家庭裁判所で行われる離婚調停は、正式には、夫婦関係調整事件という名称によって取り扱っています。
通常のケースだと、夫婦のいずれかが離婚を求めることで、離婚調停を行うのが一般的なのですが、離婚をしたくないという側からの希望で離婚調停を行うこともできるのです。

この場合には、夫婦関係の修復が最大の目的となりますので、離婚の危機に差し迫っている方にも利用できる方法なのです。

冷静な話し合いが進まない夫婦の離婚回避におススメ!

離婚調停を求める場合、離婚をしたい側がその請求を行うことで調停が開始されます。
しかし、離婚をしたくない側が離婚調停を開始させることもできるのですが、離婚回避のための話し合いができない夫婦にとっては大変優れた状況がセッティングされるでしょう。

離婚調停のプロとなる第三者が二人の間になって話し合いを進めていきますので、感情的になることもなく、冷静な話し合いができます。

互いの意見を十分に聞くことができれば、少しずつですが、気持ちのズレや意見の食い違いを改めることができ、次第にもう一度やりなおしてみたいという気持ちになることもあるようです。

ただ、一方の気持ちが頑なに離婚を望んでいる場合には、信頼を回復し、離婚の危機を回避することは容易ではありません。
いずれにせよ、二人の関係がすでに危機的状況であるならば、専門家の力を借りて、関係修復に臨んでもいいのかもしれません。

離婚回避に向けた離婚調停の進め方

夫婦の関係をやり直すために必要な離婚調停は、双方が解決にむけ冷静に話し合いが進められるように環境を整えてくれます。
調停には、家事裁判官という方が1名と、民間の中から選ばれた調停委員という方2名によって構成されている調停委員会の立会いのもと話し合いが行われます。

民間から選ばれる調停委員は、医者や先生など職業がさまざまとなりますので、双方の問題を公平に考えアドバイスすることができるでしょう。

希望があれば、互いに顔を合わせることもなく、冷静になるまで調停委員が双方から事情を聞き、相手に伝える役割を行いますが、問題点がどのように解決できるかを考えながら調整を図ってくれます。

調停に申し出たからといって、強制的に離婚させられるということはありません。
夫婦が円満に話し合うことができれば、いつでも調停を取り下げることは可能です。

逆に話し合いの途中で、離婚の決意が固まったとしたら、そのまま円満調停が離婚調停に変わることもあるのです。
離婚回避に向けた離婚調停は、家庭裁判所にある申立書に必要事項を記入し提出するのみで、それ以外にかかる費用は収入印紙と郵便切手の数千円程度となっています。

互いに感情的になりすぎて、二人だけでは、どうしても離婚の危機を回避するができない、冷静に話し合いができないと感じた場合には、これらの機関を利用するのも一つの方法となるでしょう。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事