menu

離婚回避の方法〜思考法〜

借金で離婚した夫婦の例【借金で離婚しない為に】

借金で離婚しない為に

夫の借金で生活が破綻・離婚

A子さんは小学生の子供が1人いる一般的な主婦でしたが、ある日、夫から「実は500万円の借金がある」と打ち明けられました。

夫の借金はギャンブルが原因でしたが、「真面目に働いて返す」という言葉を信じて夫婦二人で返済をする日々が続きました。

やっと借金の完済が見えてきたとホッとしたのも束の間、夫が新たな借金をしていたことが判明したのです。

A子さんは夫との離婚を決意、「絶対離婚したくない」という夫に対して離婚調停を申し立て1年後に協議離婚しました。

妻の浪費癖から借金で離婚

サラリーマンのBさんの妻には極端な浪費癖があり、一回の買い物に数十万を使うのも珍しくありません。

妻は専業主婦で収入がないにも関わらず、買い物に大金を費やして借金を重ねていました。

その結果、消費者金融への支払い遅延から度重なる督促、税金の滞納、光熱費の滞納、子供の給食費の滞納と厳しい生活が続いています。

さらにBさんの生命保険や子供の学費保険の解約を繰り返すに至って、とうとうBさんは妻との離婚を決意することになりました。

夫婦の話合いは泥沼化しましたが、家庭裁判所での調停を経て離婚という結果になったのです。

借金+家出の夫と離婚へ

C子さんの夫はごく普通のサラリーマンでしたが、ある時期からパチンコにはまって消費者金融に借金を作ってしまいました。

何とか夫婦で協力し合って借金を返したいと考えたC子さんはパートを始め、少しずつ借金返済をしていたところで夫がパチンコを止めていないことが発覚。

カードキャッシングで新たな借金が増えていたことも知らされました。

「もうパチンコも借金も止めて!」と叫んだC子さんの剣幕に押され、夫は数日間の家出を繰り返すようになったのです。

借金だけでなく家出までするようになった夫に失望したC子さんは離婚を決意し、夫婦の話合いで半年後に離婚して実家に戻りました。

妻の借金で離婚、親権も夫に

Dさんの妻は消費者金融とクレジットカードの借金持ち、すでに貯金も底を尽きて税金や保育料の滞納を繰り返しています。

借金の返済が難しくなるほどの負債を抱えた妻は任意整理を行ない、子供を連れての離婚を計画していました。

ただ、妻はパート勤務で月10万円程度の収入しかなかったため、家庭裁判所での調停の結果、子供の親権は夫であるDさんが獲得することとなったのです。

経済能力が低いからといって必ずしも親権が取れないわけではありませんが、夫であるDさんと両親は妻に親権を与えることを強硬に拒否しており妻側にとっては残念な結果になりました。

【まとめ】離婚に至った理由のほとんどが「生活に支障がある」こと

これらの離婚原因としては、借金が元凶ともいえますが、実際には借金の返済が困難な事や借金の返済意志が見えない事が大きいところです。

Aさんのケースでは2度目の裏切り、Bさんのケースでは浪費癖を直すという意思が無いこと、Cさんのケースでは借金の原因にもなったパチンコを辞めずにさらに借金を繰り返したことが離婚に至ったのです。

Dさんのケースのみ特殊ではありますが、他の3ケースであれば修正しやり直す可能性があったはずです。離婚を回避できる可能性があったにもかかわらず借金をした本人に改善の意志が無かったのが大きな要因です。

もし、借金で離婚をされそうな状態であれば、「借金を返済する」「借金を2度と作らない」という事が大切になってくるのです。

借金で離婚危機に直面している方

  • 借金が原因で離婚しそう!
  • 家族に借金がある事を知られたくない!
  • 離婚を避ける為にお金を整理したい!
など、借金の解決を考えているのであれば、こちらの方法を検討してみましょう。
借金問題が離婚問題に発展?!借金返済診断

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事