menu

離婚回避の方法〜思考法〜

借金があっても離婚の時に慰謝料はもらえる?

借金があっても離婚の時に慰謝料はもらえるのか

借金と慰謝料の関係

離婚というと「慰謝料はいくらもらえるのか」という話がよく出ます。

慰謝料(いしゃりょう)とは、肉体的な苦痛や精神的な苦痛に対する損害賠償金を指します。

もし、結婚生活において肉体的・精神的な苦痛を受けた場合、離婚に際して相手側に対し慰謝料を要求することができます。

たとえば夫(妻)が暴力を振るったり、浮気などの精神的苦痛を与えたというケースでは慰謝料請求が可能ですが、これは相手側に経済力あっての話ですので借金で首が回らないというような配偶者では慰謝料を手にするのはむずかしいかもしれません。

慰謝料がもらえる条件とは

離婚で慰謝料がもらえるのは、相手側が離婚の原因を作って肉体的・精神的苦痛を配偶者に与えたと認められた場合です。

それを法律的に見てみると、次のようなケースが当てはまります。

・配偶者が不貞行為をしたとき(不倫、浮気など)
・配偶者が悪意の遺棄をしたとき(家出、生活費を渡さないなど)
・配偶者が暴力行為等をしたとき(DV、家庭内暴力など)

ほとんどの場合、上記のような行為がなければ慰謝料請求をすることはむずかしいといっていいでしょう。

ちなみに夫(妻)の不倫で精神的な苦痛を受けたようなケースでは、不倫相手に対しても慰謝料を請求することが可能となります。

慰謝料の相場はいくら?

離婚時の慰謝料の相場は次のような条件で決まります。

・夫婦の共有財産の金額
・配偶者の経済力や財産
・結婚期間(同居期間と別居期間)
・夫婦の年齢、子供の有無や人数
・子供の養育費、親権

など

これまでの離婚裁判の判例でいうと、慰謝料の相場は一般的なサラリーマンで100~300万円程度というのが標準的です。

これに財産分与の金額を合わせても、500万円を超えるという例は少ないようです。

借金がある場合の慰謝料

離婚する相手側に借金がある場合、慰謝料の金額も少なくなります。

というのは、慰謝料の相場の条件にあるように「配偶者の経済力や財産」が金額に関係してくるためで、借金があるようであれば経済力はないということになるからです。

ましてや大きな借金がある配偶者であれば、経済力や財産どころか負債を抱えているわけですから慰謝料を請求しても見返りは得られないという結果になる恐れがあります。

さらに、夫婦や子供の生活のために借金をしたというようなケースでは、離婚してもその借金は夫婦ふたりで返済する義務が出てきますので慰謝料どころではないようです。

相手側に責任のある離婚でも、必ずしも慰謝料は得られないといえるでしょう。

借金で離婚危機に直面している方

  • 借金が原因で離婚しそう!
  • 家族に借金がある事を知られたくない!
  • 離婚を避ける為にお金を整理したい!
など、借金の解決を考えているのであれば、こちらの方法を検討してみましょう。
借金問題が離婚問題に発展?!借金返済診断

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事