menu

離婚回避の方法〜思考法〜

壊れる前に手を打とう!夫(妻)と仲直りのテクニック

夫・妻と仲直りのテクニック

夫婦の関係が破綻する原因は本当にさまざまです。
ただ一度壊れてしまった関係を元の状態に戻すのは、極めて困難といえるでしょう。

だからこそ、完全に壊れてしまう前に何かしらの手を打たなければ離婚の危機を回避することはできないのです。
では、どのような方法で、夫婦の関係を修復することができるのでしょうか。

テクニックその1・壊さない事が重要

離婚の危機を回避したい、関係を修復したいと考える前に、まず常に頭に入れておいてほしいのが、今の関係を壊さないように努
力するということです。

関係が破綻するからには、そこには何かしらの原因があったはずですが、実は意外と些細な出来事の積み重ねなのです。
その都度発生する些細な出来事に対し、いちいち腹を立てるのではなく、とにかく許せる人間であることが夫婦の関係を良好に保
つコツです。

問題が発生した当時、大小の大きさに関わらず、その都度話し合いをし、問題を大きくしないということがポイントです。

テクニックその2・壊れる前に手を打とう

ただし、人間ですから、その日の気分によって、ちょっとしたことに腹を立てたり、口を聞きたくないということも多々あるでし
ょう。

だからこそ、人間関係は面白いのかもしれませんが、それが離婚という状況を招いてしまっては話は別です。
壊れてしまったものは仕方ありませんが、その状況をさらに悪くしないためにも出来る限り早めに手を打ち、関係修復に力を注ぎ
ましょう。

そこで必要となるのが、いずれかがきちんとした形で謝罪をするという姿勢です。
二人の関係が壊れてしまった原因は必ずあります。

どちらかが勇気を振り絞って、謝罪という行動にでなければ、いつまでたっても関係を修復することはできないでしょう。
変な意地を張り続けてしまって、離婚という状況を招いては、後の祭りです。

悔やんでも悔やみきれないということにならないよう、とにかく謝罪という形で、手を打てる人間になりましょう。

テクニックその3・白熱する夫婦喧嘩を静める方法

夫婦喧嘩は時々は必要です。
しかし、必要とされる夫婦喧嘩がヒートアップし過ぎてしまってはいけません。

同じ屋根の下で生活をともにしていると当然、白熱するような喧嘩をすることもあるでしょう。
夫婦喧嘩の発端は、大抵くだらないことです。

ただ、言い合っているうちに、関係のないことまで言い合うような収集のつかない状況になってしまいます。
そのような状況をできるだけ避けるために、喧嘩中断の合図を事前に取り決めておくといいでしょう。

変なことかもしれません。
しかし夫婦の危機を回避するためには、喧嘩中断の合図は絶対に必要です。

ヒートアップしそうだと判断した場合に、「今は冷静な判断が難しいから、この続きは後でしよう」という意味をこめて二人で最
初で合図を決めておくのです。

例えば、どちらか一方が冷たい水や温かい飲み物を準備する、白いタオルやハンカチを振る、手で大きくバツ印を相手にむけるな
どいろいろな方法があるはずです。

感情的になって冷静な判断力が失われている場合、温かいハーブティーなどを準備するのもおススメです。
夫婦関係をこれ以上悪化させないためにも、喧嘩中断の合図を事前に決めておきましょう。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事