menu

離婚回避の方法〜思考法〜

翌日には持ち越さない!夫婦の仲を復元する3つのコツ

夫婦の仲を復元する3つのコツ

「運命の人だ」なんて大恋愛の末、結婚した二人だったはずなのに、同じ屋根の下で生活をはじめたとたん、喧嘩が耐えないなんて事は当たり前のことです。

夫婦が喧嘩をするなんてことは、何も特別変わったことではありません。
だって、これまで育ってきた環境も生活をともにしてきた友人や家族、周囲の状況もまるで異なる二人が一緒になったのですから、意見や考え方、性格や癖、生活習慣が異なるのは当たり前なのです。

自分とは何もかもが違う相手に対し、いちいち腹を立てているというのは、自分の思うように何もかもが進まないからではないでしょうか。

人というのは、誰一人として同じということはありえません。
みんな顔や見た目、性格などが違うからこそ、惹かれあい愛し合うのです。

最初は分かっていたはずなのに、いつの間にかそんな当たり前のことを忘れてはいませんか?
だからこそ、夫婦喧嘩はあって当然。

ですが、そんな夫婦喧嘩も長引けば長引くだけ、離婚の危機を招く危険なものです。
あって当然の夫婦喧嘩ですが、最悪の事態を引き起こさないためにもスピーディーに仲直りをしなければなりません。

ここでは、翌日に持ち越さないために必要な仲直りのコツを紹介しますので、おさえておくようにしましょう。

仲直りのコツその1・素直に謝ろう

もっとも簡単な方法が、すぐに謝ること。これに限ります。
しかし、ここで問題になるのが、喧嘩をしている二人には、変な「意地」があります。

つまり仲直りの邪魔をしているのが、このつまらない「意地」なのです。
意地の張り合いがいつしか、離婚という危機を招くまで状況を悪くすることもありますので、とにかく「意地」を捨て、素直に謝れる人間になりましょう。

人は誰しも、素直に謝るということが苦手としています。
しかし、素直に謝られた方は、これまで熱くなっていた気持ちがスーッと冷やされ、何もかも冷静に受け止めることができるようになるのです。

勇気をもって謝るという行動に出れる方こそが、夫婦の離婚という危機を回避することが出来るのです。

仲直りのコツその2・環境を変えよう

どちらも謝ることが出来ないのであれば、喧嘩をしている場所を変えましょう。
例えば、自宅で喧嘩をしてしまったら、とにかく人の多い場所に移動しましょう。

食事がまだであれば、外食をしながら気分を変えるだけでもヒートアップしている気持ちをスーッと抑えることが出来るはずです。
また近くの喫茶店で美味しいコーヒーを飲むだけでも「なんで喧嘩してしまったんだろう」なんて、喧嘩したことすらあほらしいと感じられるはずです。

仲直りのコツその3・メール機能を利用しよう

面と向かって謝罪ができない、喧嘩の中断や悪い雰囲気を変えることができないという場合は、メール機能を利用してみてはどうでしょうか。

ごめんね、とたったの4文字だけのメールでいいのです。
口で言えないのであればこの際、最新の機能を十分に活用してみるといいでしょう。

夫婦喧嘩は、絶対に長引かせてはいけません。
その日の疲れはその日のうちに、ではありませんが、その日発生した喧嘩は、その日のうちに解決することが離婚の危機を回避する最大の予防策なのです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事