menu

離婚回避の方法〜思考法〜

愛する妻(夫)と別れたくない人必見!離婚危機を避ける3つの方法

離婚危機を避ける3つの方法

離婚とは非常に辛い経験です。
実際、愛する人と別々の人生を歩む決意をした方のほとんどは、さまざまな困難にぶち当たっています。

離婚後に発生する後悔のことを考えると、今やるべきことは全部しなければいけません。
夫婦の関係が壊れてしまう原因は、ほんの些細なことです。

しかしほとんどの夫婦は、この些細な問題から目をそむけ、真剣に考えていないのです。
表面的には、何のトラブルも起きていない状況かもしれませんが、今度離婚という危機を回避するため、そして愛する妻(夫)と別れたくないと真剣に考えるのであれば、夫婦に関するさまざまな努力を行いましょう。

離婚回避の方法1・ 愛情をもって会話をする

夫(妻)との別れを避けたい、いつまでも仲のよい夫婦でありたいなら、愛情を持って会話をしなければいけません。
ただの会話ではありません。

そこに愛情がなければいけないのです。
一方的に話すのはやめましょう。

どうしたら、相手の耳にすんなり入っていけるのか、しゃべり方や会話の内容、スピードやトーンなど工夫する必要があります。
さらにおススメなのは、毎日5分から10分と時間を決めて、二人だけの会話を楽しみましょう。

話題は何だっていいのです。

離婚回避の方法2・ルールを決めて喧嘩をする

時には、相手に対するストレスを吐き出させる場を設けましょう。
最も良い方法は、夫婦喧嘩です。

日頃は言い合えない事も喧嘩のときには、腹の奥深くに抱えているフラストレーションを吐き出すことができるでしょう。
ただし、離婚を回避する夫婦喧嘩には、ルールが必要です。

あらかじめ喧嘩をしたときのルールを決めておくのです。
例えば、喧嘩のときに絶対に口にしてはいけないNGワードを決めておきましょう。

その次にヒートアップしたときには、クールダウンができるような合図を決めておくのです。
ルールをもって行う夫婦喧嘩は、時として必要なことなのです。

離婚回避の方法3・倦怠期は自然に解消しないを理解しよう

どんなに愛し合っている夫婦でも倦怠期は訪れます。
ただし、倦怠期が1ヶ月以上も続くような場合は、注意が必要です。

同じ顔ぶれで同じ環境、そして毎日同じ事を繰り返し続けていると誰だって、その環境に「慣れ」「退屈」してくるはずです。
これはどのような夫婦にも高い確率で発生する自然なことです。

ただ、だからといって倦怠期を放置しては絶対にいけません。
自然と解消するのを待つだけの夫婦は、遅かれ早かれ離婚の危機が訪れます。

マンネリ化した関係は、状況が悪くなればなるほど、元の関係に修復することが難しくなります。
少しでも倦怠期を感じた場合には、今ある環境を一掃できるように努力しましょう。

夫婦で、旅に出かけたり、新しいことを始めるのもいいかもしれません。
多少大変なことにチャレンジするのもおススメです。

倦怠期に立ち向かってこそ、夫婦の仲を修復でき、円満な生活を送れるのです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事