menu

離婚回避の方法〜思考法〜

夫婦が喧嘩をするのは当たり前!その理由と解決策

夫婦が喧嘩その理由と解決策

まず最初に頭に置いておきたいのは「夫婦が喧嘩するのは当たり前」ということです。

DV(家庭内暴力)に発展するような喧嘩は別ですが、ちょっとした口喧嘩やそこからエスカレートした言い合いの喧嘩はどこの家庭でも起こります。

「何気ない口の利き方が気に障った」
「頼んでおいたことを忘れた」
「お金の使い方が気に入らない」
「物や部屋を散らかしたままにしている」
「自分の親に対する態度が悪い」
「子供の教育方針で意見が違う」

等々、よく喧嘩の原因になるパターンです。

こうした原因を冷静な気持ちで読むと「何だかバカバカしい」と感じるでしょう。

しかし、現実にはこのような理由で夫婦喧嘩が起こり、次から次へと不満が噴出して深刻な問題に発展するわけです。

これは夫婦が同じ家で共同生活をし、一つのお財布で共に暮しているためです。

運命共同体であるからこそ不満が溜まり、それを我慢していると限界が来て少しのキッカケ爆発するというのが夫婦喧嘩なのであり「起こって当たり前」と言い換えることもできます。

元々他人だから意見が食い違うのは当たり前

夫婦喧嘩は誰でもいちどは経験するもの、大切なのはどのように関係を修復して良い状態を維持していくかということです。

結婚したばかりにせよ、長年連れ添った夫婦であるにせよ、夫婦はもとをただせば他人であることに違いはありません。

赤の他人が縁あって夫婦になり家庭を築いて共同生活をしているわけですから、残念なことに親子や兄弟姉妹のような血縁の強い絆はないのです。

加えて、おおかたの夫婦は成人してから知り合うか、早くしても10代後半に知りあうケースが多いため「生まれてきた時から知っている」「子供時代からの付き合いだ」というわけにはいきません。

つまりある程度の人格形成ができてから知り合って付き合い始め、その後に結婚して共に生活しているのが夫婦なのです。

人格形成ができてからの共同生活では衝突するのが当然で、いくら努力しても夫婦喧嘩をしないというのは難しいということになります。

仲直りの原則は別れようとは思わない事!?

いくら夫婦は喧嘩をするのが当たり前といっても、そうそう喧嘩が長引いては毎日が楽しくありません。

ましてや一歩間違えて別居だの離婚だのになっては夫婦生活が崩壊してしまいます。

夫婦喧嘩の仲直りの法則はただ一つ「良い関係を維持するための努力」です。

ここでいう努力とは夫が家事を手伝ったり、妻が夫に尽くすというようなことではありません。

ひと言でいうなら「我々夫婦は絶対に別れない」という原則です。

どんなに喧嘩をしようと相手に腹を立てようと、「何があっても別れない」を原則とするなら大事に至ることはないのです。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法


関連記事