menu

離婚回避の方法〜思考法〜

離婚の危機に直面しないための3つの心得

離婚の危機に直面しないための3つの心得

夫婦の危機を迎えるタイミングというのは、意外なところにあります。
例えば、子供の進学、夫の仕事の異動、引越しや家族の不幸、季節の移り変わりなど環境の変化に応じ、夫婦を取り巻く環境にも何かしらの変化が訪れます。

特に新しい環境に変わったばかりの頃は、心が落ち着きを取り戻すまで何かとストレスをためやすい傾向にあります。
だからこそ、些細なことで衝突し、つまらない喧嘩を長引かせることがあるのです。

そんなときだからこそ、互いのことを思いやり、夫婦の危機を招かないようそれぞれで努力しなければならないのです。
離婚は回避したい、うちは大丈夫と思っている方も実は、危機は意外と近くまで迫っているかもしれません。

ここでは、いつまでも夫婦円満であり続け、離婚の危機に遭遇しないための心得を紹介しましょう。

離婚の危機を回避する心得その1

夫婦円満の秘訣はなんといっても「気持ちをストレートに伝える」ということです。
何か伝えたいことがあるのに、その気持ちを正直に話せない、口に出せないという状況はストレスを生み出します。

夫婦だから口にしなくても分かってくれるだろう、暗黙の了解で気持ちを察してくれるはず、そんな気持ちを当然のように持ち合わせてはいけません。

それは夫婦である前に、夫婦であることに対する怠慢です。
本当に自分のことを理解してもらいたいのであれば、その気持ちをきちんと声にして伝えることが重要です。

離婚の危機を回避する心得その2

長く夫婦を続けていると、当然ですが、相手の意見や価値観に違和感を感じることもあるでしょう。
あれ?自分とは考えていることが違う、自分が求めている意見ではない、そう感じても相手の主張や意見、価値観を受け入れるようにしましょう。

自分の考えが正しい、なんてことは絶対にありえませんし、人の数だけ、食い違った意見や考え方、価値観があって当然なのです。
その人の個性、魅力だと判断し、とにかく、相手の意見を認め、受け入れるだけの余力を持たなければ夫婦円満を維持することは難しいのです。

夫婦喧嘩の発端は、一方がもう片方の意見を頭ごなしに否定するということが多いようです。

離婚の危機を回避する心得その3

離婚の危機を回避し、夫婦円満を持続させたいのであれば、下手なテクニックなんていりません。
悪いと思ったら、すぐに謝罪の意思を態度で示し、うれしいと思ったらその気持ちを素直に表す、これに限ります。

最近素直に謝ったり、素直に喜びを表現することを忘れてはいませんか?
夫や妻のやることを当然だと思って、感謝の気持ちを口にしていないのではないでしょうか?

時々は、妻のいつもの行動にありがとうと素直に言える自分になりましょう。
外で働いている夫に対し、いつもありがとうの感謝の気持ちを伝えられる妻でありましょう。

夫婦の関係を良好に保つためには、常にそして永遠に努力が必要で、夫婦円満は1日にしてならずなのです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事