menu

離婚回避の方法〜思考法〜

絶対言ってはダメ!夫婦喧嘩のNGフレーズ

夫婦喧嘩のNGフレーズ

夫婦喧嘩がレクリエーションで楽しみ、いや多少の喧嘩は退屈な日常のスパイスと割り切れれば別居や離婚などは起こり得ません。

しかし、時として夫婦喧嘩は深刻な状況に陥り、お互いに別居や離婚という言葉が頭を横切るというケースも少なくないようです。

毎日いっしょに生活していれば喧嘩がゼロというわけにはいかないでしょうが、万が一喧嘩になったとしても「決して口にしてはいけない言葉」を知っていれば深刻な事態に陥るのを避けることができます。

相手の家族に触れたらNG!

「アナタのだらしなさってお父さんソックリよね!」

「君のおふくろを見ればダメさ加減が分かるよ!」

こうした捨て台詞は夫婦喧嘩でよく耳にするフレーズです。

しかし、いくら頭に血が昇ったからといって、夫(妻)の家族について触れるのはNGです。

自分にとって義父母や義兄弟姉妹は赤の他人であっても夫(妻)からみれば大切な家族。

それを悪く言われるだけでも我慢できないのに、さらに自分自身まで悪く言われてしまうのですから喧嘩はエスカレートしていきます。

喉元まで言葉が出掛かっても、ぐっとこらえて我慢するようにしてください。

夫(妻)を誰かと比べたらNG!

「うちのオフクロだったらそんなことしないのに…」

「○○さんの家のご主人はいつも△△なのにね…」

夫婦喧嘩でついつい言ってしまうのが、「どこかの誰かとの比較」です。

うちの母親だったら、私の父親だったら…

隣の奥さんだったら、近所のご主人だったら…

会社の同僚の奥さんは、○○ちゃんのパパは…

正直、こんなことを比べてみても意味がないばかりか、相手の怒りを買うばかりだというのは火を見るより明らかです。

みなさんの配偶者は「○○さん」や「××さん」ではなく、あなたが選んだ夫(妻)なのです。

「結婚しなきゃよかった」はNG!

「あーあ、おまえなんかと結婚しなきゃよかった!」

「ほんと、アナタなんかと一緒になるんじゃなかった!」

夫婦喧嘩で最大のNGフレーズがこれです。

このフレーズを口にしてしまうと、夫婦として築いてきた長い時間を否定することになって仲直りが遠のきます。

どんなに腹が立ったとしても二人のこれまでの生活を否定する言葉を口にすると、売り言葉に買い言葉で「じゃあ別れればいいだろ」「分かったわよ、離婚しましょ!」となるでしょう。

夫婦喧嘩で仲直りしたいなら、こうしたNGフレーズは決して口にしてはいけません。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事